ルーベンス・バリチェロ (ブラウンGP)
ルーベンス・バリチェロが、F1ブラジルGPへの意気込み、インテルラゴス・サーキットの印象を語った。

ルーベンス・バリチェロ (ブラウンGP)
ブラジルGPは僕にとって常に特別な週末だし、ホームレースをとても誇りに思っている。僕はインテルラゴスのすぐ近くで生まれたので、6歳のときにカートをそこで始めて小さな頃から訪れている。終末、家族や友達と過ごすのを本当に楽しみにしているし、ブラジルのファンの前でレースをして、大きな声援を受けるのは素晴らしいことだ。

長年にわたってサーキットはほぼ第2の家のようになっているけど、まだ本当にチャレンジの気持ちを持ち続けている。今年、僕たちのクルマはトラックのレイアウトに合っているだろうし、高速コーナー、タイトなインフィールド・セクション、バンピーな路面で最大限に攻めるにはセットアップに完全な自信がなければならない。

インテルラゴスは、Curva do Laranjinha(クルヴァ・ド・ラランジーニャ)のような素晴らしいコーナーがいくつかあるし、オープニングラップのエス・ド・セナ(S do Senna)、バックストレートエンドのデシダ・ド・ソル(Descida do Sol)は、本当にオーバーテイクのチャンスだ。今週末はここブラジルで出来るできる限り最高の結果を実現するために全力を尽くすつもりだし、ファンも素晴らしいレース週末を楽しんでくれればいいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルーベンス・バリチェロ | ブラウンGP | F1ブラジルGP