元F1ドライバーのルーベンス・バリチェロ、17年ぶりにフェラーリに帰還
元F1ドライバーのルーベンス・バリチェロが、スクーデリア・フェラーリでF1を戦ってから17年ぶりにフェラーリに帰還し、ヴァレルンガ・サーキットでフェラーリのレーシングカーを走らせた。

この機会は、イタリアGT選手権に出場するファビオ・バルディーニ率いるチーム、スクーデリア・バルディーニが主催するテストを通じてもたらされた。

ルーベンス・バリチェロは、フェラーリの歴史の中で最も成功した車である488 GT3 Evo 2020の品質を比較検討。フォーミュラ・リージョナルでレースをする息子のエドアルド、ローマを拠点とするチームのためにイタリアのシリーズでいくつかのシーズンを争ってきたジャンカルロ・フィジケラとともにテストに参加した。

ルーベンス・バリチェロは、バリチェロは、どちらも彼にとって初めてだった車とサーキットとの関係をすぐに築いた。

フェラーリとルーベンス・バリチェロの間の将来のパートナーシップについてはまだ何も決定されていない。

しかし、スクーデリア・バルディーニは以前、イタリア選手権で「ドリームチーム」で出場していた。 2019年の耐久シリーズでは、27号車のフェラーリにジャック・ヴィルヌーヴ、ジャンカルロ・フィジケラ、ステファノ・ガイが乗った。

ジャンカルロ・フィジケラとジャック・ヴィルヌーヴの両方が他のコミットメントの衝突のためにいくつかのレースをスキップすることを余儀なくされたことで、ヴィルヌーブはシーズンの終わりにソロチャンピオンに輝いた。

ルーベンス・バリチェロ フェラーリルーベンス・バルチェロ フェラーリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルーベンス・バリチェロ / フェラーリ