FIA、F1オーストリアGPのトラックリミット違反ペナルティを擁護

2022年7月13日
FIA、F1オーストリアGPのトラックリミット違反ペナルティを擁護
FIA(国際自動車連盟)は、トラックリミット違反が多発したF1オーストリアGPのペナルティについて明確化した。

F1オーストリアGPでは、合計43件のトラックリミット違反が検出され、ピエール・ガスリー、ランド・ノリス、セバスチャン・ベッテル、周冠宇に5秒のタイムペナルティと1点のペナルティポイントを科された。またF2でもロベルト・メルヒがトラックリミット違反で表彰台から外れている。

2022年 F1オーストリアGP 決勝:タイヤ戦略解説

2022年7月12日
2022年 F1オーストリアGP 決勝:タイヤ戦略解説
2022年F1第11戦オーストリアグランプリ 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

シャルル・ルクレールがオーストリアグランプリを制し、先週のシルバーストンでのチームメイトの勝利に続き、フェラーリを表彰台の頂点に導いた。シルバーストン同様、アクション満載のスリリングなレースとなった。金曜日にポールポジションを獲得し、土曜日のスプリントを制したレッドブルのマックス・フェルスタッペンをルクレールがくい止めました。

レッドブルF1首脳、ラッセルと接触したセルジオ・ペレスの攻撃を批判

2022年7月12日
レッドブルF1首脳、ラッセルと接触したセルジオ・ペレスの攻撃を批判
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1オーストリアグランプリのオープニングラップで、ターン4でアウトサイドからジョージ・ラッセルにオーバーテイクを試みて接触したセルジオ・ペレスの攻撃に批判的だ。

セルジオ・ペレスは、タイトな右コーナーであるターン4までにジョージ・ラッセルに追いつき、アウトサイドを回ったが、前に出たときにラッセルの左フロントが接触してスピン。

カルロス・サインツJr. マシンから出火「マーシャルの反応は遅すぎた」

2022年7月12日
カルロス・サインツJr. マシンから出火「マーシャルの反応は遅すぎた」 / スクーデリア・フェラーリ F1オーストリアGP
スクーデリア・フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1オーストリアグランプリでのエンジン火災に対するマーシャルの反応をもっと早くする必要があると訴えた。

エンジンブローに見舞われたカルロス・サインツJr.は、ターン4のランオフエリアのアクセスポイント近くの傾斜に停車。マーシャルが駆け寄り、右フロントホイールの後ろに止め輪を置いて車が後方に転がるのを停めたが、車を所定の位置に配置しようとすると車は動き始めた。

フェラーリF1代表 「ルクレールの故障が心配でラスト3周は見れなかった」

2022年7月12日
フェラーリF1代表 「ルクレールの故障が心配でラスト3周は見れなかった」 / オーストリグランプリ
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1オーストリアグランプリのレース終盤にシャルル・ルクレールに発生したスロットルのトラブルを非常に心配していたため、終了間際のラップを見れなかったと明かした。

シャルル・ルクレールは、日曜日のレッドブルリンクでスクーデリア・フェラーリのかなり快適な1-2フィニッシュをリードする準備ができているように見えたが、レース終盤に状況は一変した。

セバスチャン・ベッテル 「虐待的なF1ファンは永久追放にするべき」

2022年7月12日
セバスチャン・ベッテル 「虐待的なF1ファンは永久追放にするべき」
セバスチャン・ベッテルは、F1オーストリアグランプリの週末に報告された嫌がらせやヘイトを行った虐待的なF1ファンをモータースポーツイベントから永久追放するよう呼びかけた。

ソーシャルメディアでは、不適切なファンのさまざまな行動が共有され、F1はそれらの行為を「受け入れられない」と呼び、主催者やセキュリティと協力して問題を調査することを誓った。

フェルスタッペン、レッドブルリンクのトラックリミットは「ジョーク」

2022年7月12日
マックス・フェルスタッペン、レッドブルリンクのトラックリミットは「ジョーク」 / F1オーストリアGP
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、F1オーストリアグランプリの舞台レッドブルリンクのトラックリミットが「ジョーク」のようなものになっていると感じている。

レースコントロールは、レッドブルリンクでのトラックリミットの判定に苦労し、20人のドライバーのうち16人が少なくとも1回はトラックリミットに違反したため、レース中に合計43周を削除した。

シャルル・ルクレール 今季3勝目「本当にこの勝利を必要としていた」

2022年7月11日
シャルル・ルクレール 今季3勝目「本当にこの勝利を必要としていた」 / スクーデリア・フェラーリ F1オーストリアGP 決勝
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1オーストリアグランプリで優勝。4月の第3戦オーストリア以来となる今季3勝目を挙げた。

スクーデリア・フェラーリは、数か月ぶりにマックス・フェルスタッペン/レッドブルよりもリアルな速さをみせた。2番グリッドからスタートしたシャルル・ルクレールは、3回にわたってフェルスタッペンをコース上でオーバーテイクした。

フェラーリF1、オリジナルの“跳ね馬”を掲げて初登場から90年を祝う

2022年7月11日
フェラーリF1、オリジナルの“跳ね馬”を掲げて初登場から90年を祝う / オーストリアグランプリ
スクーデリア・フェラーリは、F1オーストリアグランプルの週末、F1-75の側面にスクーデリアのオリジナルの“跳ね馬”のエンブレムを飾り、記章の初登場から90周年を祝った。

フェラーリの有名なシンボルは、第一次世界大戦の伝説的な人物、イタリアの戦闘機パイロットであるフランチェスコ・バラッカが原典。彼は、所属していたピエモンテレアーレカヴァレリアの戦闘機をバラッカ家の家紋である「跳ね馬」で飾った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム