2023年02月のF1情報を一覧表示します。

F1とトッテナム・ホットスパーFCが次世代F1ドライバー発掘で提携

2023年2月28日
F1とトッテナム・ホットスパーFCが次世代F1ドライバー発掘で提携
F1は、プレミアリーグのサッカークラブであるトッテナム・ホットスパーと15年間の戦略的パートナーシップを結び、モータースポーツの新しい世代の才能の発掘と育成を支援することに合意した。

このパートナーシップにより、最新鋭のトッテナム・ホットスパー・スタジアムに、世界初のスタジアム内電動カート施設とロンドン最長の屋内トラックが設置される予定となっている。

ランス・ストロール、チームのF1シミュレーターに乗るために英国入り

2023年2月28日
ランス・ストロール、チームのF1シミュレーターに乗るために英国入り
ランス・ストロールは月曜日に英国行きの飛行機に乗った。

それはアストンマーティンのボスであるマイク・クラックが、手首と手の負傷からの回復のための次のステップは、チームのシルバーストーンのファクトリーでシミュレーターを使ったセッションになるだろうと述べたことに続く状況だ。

シャルル・ルクレール、フェラーリの2023年F1マシンは「コーナーで遅くなる」

2023年2月28日
シャルル・ルクレール、フェラーリの2023年F1マシンは「コーナーで遅くなる」
シャルル・ルクレールは、フェラーリの2023年F1マシン『SF-23』は、ストレートで速くなるように妥協したため、昨年のマシンよりもコーナーで遅くなると予想していると語った。

フェラーリは、昨シーズン当初、新しい技術レギュレーションに対応したパッケージを構築し、コーナーリングでフィールド最強を誇って勝利の道を取り戻した。

ルイス・ハミルトン 「バウンシングはなくなったけどW14には根底に問題」

2023年2月28日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「バウンシングはなくなったけどW14には根底に問題」
ルイス・ハミルトンは、バーレーンで行われた3日間のF1プレシーズンテストで、メルセデスF1には「登るべき山」があることを認める

来週末の開幕戦F1バーレーンGPに向けてはまだ序列がはっきりしないものの、一般的にはレッドブルがフェラーリを抑えてリードしていると考えられている。

2023年 F1バーレーンテスト:3日間の周回数・走行距離&総合タイム

2023年2月28日
2023年 F1バーレーンテスト:3日間の周回数・走行距離&総合タイム
2023年のF1世界選手権に先駆けたプレシーズンテストが、2月24日(木)から2月25日(土)の3日間にわたってバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。

テストで2023年シーズンに向けてF1グリッドがどのように形成されるかについて明確な答えを提供するものではないが、いくつかのチームが他のチームよりも良い位置にいることは明らかだ。

ウィリアムズF1代表 「新しい技術体制を整えることが最優先事項」

2023年2月28日
ウィリアムズF1代表 「新しい技術体制を整えることが最優先事項」
ウィリアムズ・レーシングの新しいチーム代表であるジェームス・ボウルズは、新しい技術体制を整えることが最優先事項だと語った。

メルセデスF1チームのチーフストラテジストを長年務めてきたジェームス・ボウルズは、ヨースト・カピトーの後任としてグローブに本拠を置くウィリアムズF1チームの指揮を執ることになった。

レッドブルF1首脳 「RB19はフェルスタッペンとペレスの両方に適合」

2023年2月28日
レッドブルF1首脳 「RB19はフェルスタッペンとペレスの両方に適合」
レッドブルF1のモーターアドバイザーであるヘルムート・マルコは、2023年のF1プレシーズンテストでのレッドブルの成功を称賛し、RB18 と RB19 の重要な違いを指摘している。

F1プレシーズンテストでマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがRB19で驚異的なペースを見せたことで、レッドブル・レーシングは2023年のF1世界選手権でも本命と見なされている

アロンソはF1最年長グランプリウィナーにランクインできるか?

2023年2月28日
フェルナンド・アロンソはF1最年長グランプリウィナーにランクインできるか?
アストンマーティンF1がプレシーズンテストで大きな進歩を遂げるなか、フェルナンド・アロンソは残されたF1キャリアでサプライズ勝利を収めることはできるだろうか?

アストンマーティンは2023年F1テストでのフォームで多くの人々を驚かせ、何人かのチームボスは彼らをグリッドの頂点に立つ脅威とさえ位置づけている。

F1スペインGP、2023年は新レイアウトのカタルーニャ・サーキットで開催

2023年2月27日
F1スペインGP、2023年は新レイアウトのカタルーニャ・サーキットで開催
F1スペインGPの舞台となるバルセロナ-カタルーニャ・サーキットは、2023年の第8戦からコースレイアウトが変更される。また、安全対策やパドック設備も一新される。

バルセロナ郊外のこのサーキットでは、1991年に初めてF1スペインGPが開催され、アイルトン・セナとナイジェル・マンセルがホイール・トゥ・ホイールでチャンピオンシップの栄光を手に入れた。それ以降、いくつかの変更が加えられている。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 51 | 52 | 53 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム