2022年11月のF1情報を一覧表示します。

ローガン・サージェント、F1キャリアの固定カーナンバーは“2”を選択

2022年11月30日
ローガン・サージェント、F1キャリアの固定カーナンバーは“2”を選択
ローガン・サージェントは、2023年からウィライムズでスタートするF1キャリアで使用する固定カーナンバーに“2”を選択した。

今シーズンのFIA-F2選手権をルーキートップとなるランキング4位でフィニッシュしてF1スーパーライセンスの条件を満たした21歳のローガン・サージェントは、2015年以来のアメリカ人F1ドライバーとして、2023年にウィリアムズでF1デビューを果たす。

メルセデスF1、2023年にレッドブルより“54回”多い風洞稼働数の重要性

2022年11月30日
メルセデスF1、2023年にレッドブルより“54回”多い風洞稼働数の重要性
メルセデスF1は、2023年にレッドブルより約27%多く風洞を稼働できることがF1ワールドチャンピオンに近づく上で重要なことが証明されると考えている。

レッドブル・レーシングは、昨年のコストキャップに違反したことに対するペナルティの一環として、700 万ドルの罰金に加えて、風洞稼働時間の10%の短縮を課された。

F1マシン技術解説:フェラーリ F1-75 「最も革新的なマシン」

2022年11月30日
F1マシン技術解説:フェラーリ F1-75 「最も革新的なマシン」
2022年のF1世界選手権で「最も革新的なマシン」として、Formula1.comの技術専門家であるマーク・ヒューズはフェラーリ F1-75を挙げた。

フェラーリ F1-75には、今シーズン最大のイノベーションのうちの2つが搭載されていた。そのエアロダイナミクスは、“絶壁”アウト ウォッシュ サイドポッドと独自の上面チャネルを備え、フロアとリア ウィングのパフォーマンスの優れた組み合わせを実現した。

セルジオ・ペレス「アストンマーティンF1からポジティブな話しか聞かない」

2022年11月30日
セルジオ・ペレス「アストンマーティンF1からポジティブな話しか聞かない」
セルジオ・ペレスは、現在アストンマーティンF1チームとしてブランド化されているチームで8年間を過ごした。

アストンマーティンF1チームは、以前はレーシング・ポイントとして知られており、その前はフォース・インディアでした。セルジオ・ペレスは、マクラーレンでの残念な1シーズンの後、2014年にフォース・インディアに加入した。

ニック・デ・フリース 「F1の夢は終わったと考えていた」

2022年11月30日
ニック・デ・フリース 「F1の夢は終わったと考えていた」
ニック・デ・フリースは、F1の夢は終わったと考えていたことを認める。

2023年、ニック・デ・フリースは、レッドブルの“ジュニア”チームであるアルファタウリのルーキーとなるが、実際には27歳と遅咲きのF1デビューを果たす。

「今、それが本当に実現するんだという実感が湧いてきている」と今年のメルセデスF1のリザーブドライバーを務めていたニック・デ・フリースはRenze op Zaterdagに語った。

マッティア・ビノットの辞任でフェラーリF1に負の歴史が再来?

2022年11月30日
マッティア・ビノットの辞任でフェラーリF1に負の歴史が再来?
マッティア・ビノットがフェラーリのF1チーム代表を辞任したことは、彼の辞任を求めていた多くの人々をなだめるかもしれないが、その結果はフェラーリにとって悲惨なものになる可能性がある。

2022年に注目を集めたフェラーリの信頼性と戦略の誤りの中で、マッティア・ビノットは批評家の簡単な標的になった。日本では、角田裕毅を「津波」と呼んだことでソーシャルメディアで感情的な嫌悪感を生んだ。

ダニエル・リカルドがメルセデスではなくレッドブルとのF1契約を選んだ理由

2022年11月30日
ダニエル・リカルドがメルセデスではなくレッドブルとのF1契約を選んだ理由
ダニエル・リカルドは、2023年にメルセデスF1チームのリザーブドライバーではなく、レッドブル・レーシングにサードドライバーとして復帰することを選択した理由を説明した。

マクラーレンがオスカー・ピアストリの起用を決断したことで、契約満了の1年前にチームを放出されたダニエル・リカルドは、2023年に古巣レッドブルでサードドライバーを務めることが決定した。

アストンマーティンF1、新ファクトリーに“ゲームチェンジャー”の期待

2022年11月30日
アストンマーティンF1、新ファクトリーに“ゲームチェンジャー”の期待
アストンマーティンF1は、建設が最終段階に入っている新しいF1チームのファクトリーが長期的な見通しにおいて「ゲームチェンジャー」になることを期待していると語る。

現在、シルバーストーンの既存のファクトリーに隣接する2億ポンドの施設が建設中であり、拡大するチームを収容する最先端の建物は2023年5月から稼働する予定となっている。

マクラーレンF1、オスカー・ピアストリの抜擢は「計算済みのリスク」

2022年11月30日
マクラーレンF1、オスカー・ピアストリの抜擢は「計算済みのリスク」
マクラーレンF1のザク・ブラウンは、ルーキーのオスカー・ピアストリとの契約は「計算済みのリスク」だと告白する。

先週、21歳のオスカー・ピアストリは、シーズン終了後のアブダビテストで、マクラーレンのF1ドライバーとして初めて正式に登場した。マクラーレンのドライバーとして初めてメディアに出る前に、パワーユニットセンサーの問題のおかげで短い中断にもかかわらず、 100周以上を記録した。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 58 | 59 | 60 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム