マクラーレンF1、オスカー・ピアストリの抜擢は「計算済みのリスク」
マクラーレンF1のザク・ブラウンは、ルーキーのオスカー・ピアストリとの契約は「計算済みのリスク」だと告白する。

先週、21歳のオスカー・ピアストリは、シーズン終了後のアブダビテストで、マクラーレンのF1ドライバーとして初めて正式に登場した。マクラーレンのドライバーとして初めてメディアに出る前に、パワーユニットセンサーの問題のおかげで短い中断にもかかわらず、 100周以上を記録した。

オスカー・ピアストリは、ルイス・ハミルトンをも凌駕する実績を持ち、同世代で最も高い資格を持つジュニアとしてF1に参入する。

オスカー・ピアストリは、ダニエル・リカルドを押しのけて鳴り物入りでF1デビューを果たす。当然ながら、8回のレースウィナーからグランプリに出走したことのないドライバーに交代することはリスクであり、それはギャンブルと見なされている。

マクラーレン・レーシングの CEO であるザク・ブラウンは「F1のすべては計算済のリスクだ。だが、我々は非常に楽観的だ」とザク・ブラウンはSpeedcafe.com に語った。

「だから、我々は頭を下げて、彼が必要だと思うすべてのサポートを彼に提供していく」

「彼が成功するという確信がなければ、我々は決定を下すことはなかっただろう」

オスカー・ピアストリは、陽気なイメージのダニエル・リカルドとは非常に異なるキャラクターだ。非常に意欲的で集中している一方で、外向的なリカルドよりも控えめだ。

「とにかく人々に知ってもらう必要があると思う。我々は彼が誰であるか、または彼のキャラクターを作り上げたいとは思っていない」とザク・ブラウンは説明した。

「オトマー(サフナウアー)とアルピーヌから告発されたのは残念だったと思う」

オスカー・ピアストリの性格は、彼の契約をめぐる物語が繰り広げられるにつれて、アルピーヌF1チームの代表であるオトマー・サフナウアーによって疑問視された。ピアストリは、2023 年にチームのためにドライブするというアルピーヌの発表を拒否したことで有名になった。

この問題は、契約承認委員会に持ち込まれ、全会一致でマクラーレンとの契約が支持された。

オスカー・ピアストリと彼の新しい雇用主となるマクラーレンは黙っていたが、アルピーヌは率直にこの問題について語った。オトマー・サフナウアーはピアストリの忠誠心と誠実さに疑問を呈し、彼が間違ったことをしたことをほのめかした。

もちろん、マクラーレンとの契約に同意したとき、オスカー・ピアストリはフリーエージェントであり、そうではなかったことが発覚した。確かに、アルピーヌが提示したウィリアムズへのローンよりも競争力のあるドライブをルーキーにもたらしたのは賢明な動きだった。

その物語を経験したザク・ブラウンは、それがオスカー・ピアストリの評判に過度の損害を与えたこと、そして彼の若いドライバーの個性がすぐに輝くことを心配していない。

「その意味で真実が明らかになり始めている」とザク・ブラウンは、契約論争中に発生した泥沼化について言及した。

「何かを作り上げようとすることに圧力をかける必要はない。彼に自分のことを話させてあげよう。コースの結果で自分自身を語らせてほしい」

「ランドにそっくりだ。我々はランドを作ったわけではないし、ランドがスポーツに慣れたときに自分自身を作った」

「だから、我々がやらなければならないことは、プレッシャーをかけたり、『Here's Oscar』を作ろうとしたりしないことだと思う」

「オスカーをオスカーのままにして、彼の結果、つまり、彼が誰であるかをやがて物語るようにしよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / オスカー・ピアストリ