セルジオ・ペレス「アストンマーティンF1からポジティブな話しか聞かない」
セルジオ・ペレスは、現在アストンマーティンF1チームとしてブランド化されているチームで8年間を過ごした。

アストンマーティンF1チームは、以前はレーシング・ポイントとして知られており、その前はフォース・インディアでした。セルジオ・ペレスは、マクラーレンでの残念な1シーズンの後、2014年にフォース・インディアに加入した。

セルジオ・ペレスは、チームからの離脱が決定していた2020年の最後から2レースとなるサキールGPで初勝利を挙げ、数週間後にレッドブルとの契約を手にした。

それ以来、セルジオ・ペレスは2011年に始まったF1キャリアで最も生産的な期間を過ごし、さらに3勝を挙げている。

アストンマーティンF1は今年コンストラクターズランキングで残念な7位で終えたが、2023年はフェルナンド・アロンソが加入しレッドブルで空力責任者だったテクニカルディレクターのダン・ファローズが初めて大きな影響を与えた車で大幅な改善を期待している。

「フェルナンドはチームを大きく引き上げると思う」とセルジオ・ペレスはDAZNに語った。

「僕が聞いていることは、アストンマーティンにとって非常に競争の激しい年になるだろうということだ」

「フェルナンドがフロントで戦い、カルロス(サインツ)や僕たち(レッドブル)と戦うことは、このスポーツにとって、そして、誰にとっても非常に良いことだろう」

インタビューの中でセルジオ・ペレスは自身のキャンペーンについても振り返った。チームメイトのマックス・フェルスタッペンが独走態勢に入るまで、ペレスはモナコGPで優勝しワールドチャンピン候補になるという希望を与えたときにシーズンは最高点に達した。

「僕にとって、モナコでの勝利は非常に特別なものだった。モナコでの勝利は純粋なスポーツの歴史であり、僕のキャリアの中で非常に特別な瞬間だ」とセルジオ・ペレスか語った。

「特にシーズンの初めは非常に競争力があった。でもチャンピオンシップの戦いで負けた数レースの時期があった」

「重要なことは、チャンピオンシップ争いに参加するために年間を通じて一貫性を保つことができることなので、そういった瞬間から今後の僕たちをより強くする多くを学んだと思う」

「結局のところ、コンストラクターズチャンピオンシップを獲得するためには、両方のドライバーがシーズントを通してコンスタントに結果を出す必要があるし、チーム全体にとって非常に特別な年になった。素晴らしかった」

レッドブル・レーシングとアストンマーティンF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / アストンマーティン