ローガン・サージェント、F1キャリアの固定カーナンバーは“2”を選択
ローガン・サージェントは、2023年からウィリアムズでスタートするF1キャリアで使用する固定カーナンバーに“2”を選択した。

今シーズンのFIA-F2選手権をルーキートップとなるランキング4位でフィニッシュしてF1スーパーライセンスの条件を満たした21歳のローガン・サージェントは、2015年以来のアメリカ人F1ドライバーとして、2023年にウィリアムズでF1デビューを果たす。

2014 年以降、すべてのドライバーは、F1キャリア全体で使用するレース番号を選択する必要がある。ローガン・サージェントは、2番を走らせることを選択した

「以前にフォーミュラ・ルノーでその番号で走っていた。その年はかなり良いシーズンを過ごした」とローガン・サージェントは説明した。

「3番が僕の番号なんだけど、それは取られたので、過去の勝利ナンバーをF1で使用してはどうだろうかと思ったんだ」

前述の 2018年のフォーミュラ・ルノー ユーロカップで、ローガン・サージェントは3 勝を挙げ、さらにランキング3 位でフィニッシュした後、FIA-F2へとステップアップを果たした。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ローガン・サージェント / ウィリアムズ