アストンマーティンF1、新ファクトリーに“ゲームチェンジャー”の期待
アストンマーティンF1は、建設が最終段階に入っている新しいF1チームのファクトリーが長期的な見通しにおいて「ゲームチェンジャー」になることを期待していると語る。

現在、シルバーストーンの既存のファクトリーに隣接する2億ポンドの施設が建設中であり、拡大するチームを収容する最先端の建物は2023年5月から稼働する予定となっている。

チームが最初の建物に移動すると、既存のファクトリーは解体され、新しいシミュレーターが設置される別の施設に置き換えられる。プロジェクトの最終段階は、3番目の建物にある新しい風洞で、2024年半ばまでに稼働する予定となっている。

本館の設計には、長さ160メートルの中央大通りが含まれており、その周囲には、大規模なオープンプランの設計本部を含むさまざまな部門が配置される。

プロジェクトマネージャーのガイ・オースティンは、新しいファクトリーを“ゲームチェンジャー”と呼ぶ。

ファクトリーツアーで、アストンマーティンF1のチーム代表であるマイク・クラックは、この言葉の使い方、そして、この新しいファクトリーが F1 で最高の施設になると思うかどうかと質問された。

「2 番目の質問は簡単に答えられる。私はそう思う」とマイク・クラックは語った。

マイク・クラック、“ゲームチェンジャー”の要素に関して、技術面のアップグレードと同様に、新しいファクトリーが可能にする人間とコラボレーションの側面に関するものを指摘する。

「ミーティングを手配しなくても人々と話すことができるという事実は、対話を容易にする」とマイク・クラックは説明する。

「もう1つはロジスティクスだ。物を左から右にまたはAからBに運ぶことは、新しいファクトリーでは非常に簡単になる。そのため、その観点から、チームのダイナミクスとロジスティクスのために、ゲームチェンジャーという名前を使用することに同意する」

「現在のさまざまな場所でファクトリーを運営している方法は、ロジスティクスと建物のレンタルの面でもかなりのコストがかかっている。効率が重要であり、そこに一歩踏み出している」

「すべてを自分で作る能力があり、決定する能力がある。それを買うか?それとも作るか? そして、コンポーネントをより速くすることができる。それらをより安くすることができれば、より多くの製品を作ることができ、おそらく時間と経済的な理由により以前できなかった1つまたは2つのアップグレードを行うことができる。良い一歩だと思う」

テクニカルディレクターのダン・ファローズは、新しい施設のメディアツアー中にマイク・クラッシュと一緒に講演し、予想されるいくつかの利点を強調した。

「効率性がすべてをカバーしている」とダン・ファローズは語る。

「コスト、時間の面での効率性。競争力のあるチームを際立たせるものの1つは、物事を迅速に好転させ、可能な限り短い時間で設計から現実に移行する能力だ」

「施設でそのタイプの効率を大幅に向上させることができる。もちろん、コスト上限の世界では、これらの部品のコスト効率を最大化するためにできることは何でも行う価値がある」

「また、スマートファクトリを使用することで、分析の面でより詳細な情報を提供し、生産プロセスを詳細に分析して、外部の人を使用するよりもはるかに改善できるようにすることができる」

アストンマーティンF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン