F1マシン技術解説:フェラーリ F1-75 「最も革新的なマシン」
2022年のF1世界選手権で「最も革新的なマシン」として、Formula1.comの技術専門家であるマーク・ヒューズはフェラーリ F1-75を挙げた。

フェラーリ F1-75には、今シーズン最大のイノベーションのうちの2つが搭載されていた。そのエアロダイナミクスは、“絶壁”アウト ウォッシュ サイドポッドと独自の上面チャネルを備え、フロアとリア ウィングのパフォーマンスの優れた組み合わせを実現した。

第二に、その形の良いエンジン カバーの下には、まったく新しい 066/7 パワー ユニットが収められた。ターボはライバル車よりも小さく、吸気管は長く、超高速点火システムと組み合わせることで低速レスポンスが向上し、レギュレーションで許可された 500 バールの燃料圧力を最大限に活用できた。

ユニークな空力とパワーユニットの組み合わせは、信頼性にはまだ改善が必要だが、目を見張るようなポールポジションの連続を記録した。何よりも、マラネッロに存在する創造的な才能の深さを示している。

フェラーリ F1-75 / 2022年のF1世界選手権

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1マシン