ニック・デ・フリース 「F1の夢は終わったと考えていた」
ニック・デ・フリースは、F1の夢は終わったと考えていたことを認める。

2023年、ニック・デ・フリースは、レッドブルの“ジュニア”チームであるアルファタウリのルーキーとなるが、実際には27歳と遅咲きのF1デビューを果たす。

「今、それが本当に実現するんだという実感が湧いてきている」と今年のメルセデスF1のリザーブドライバーを務めていたニック・デ・フリースはRenze op Zaterdagに語った。

「正直なところ、もうF1のことは現実的な機会とは見ていなかった」

「でも、僕は自分の道に巡て来たチャンスをつかみ続けた」

「僕はそこにいて、過去2年間レースに移動していたけど、実際には何の見返りもなかった。そのような態度で、僕は土曜日にコーヒーを飲みながらVIPラウンジに座っていた」

しかし突然、ウィリアムズのアレクサンダー・アルボンが虫垂炎を患ったことで2022年に彼に大きなチャンスが訪れた。ニック・デ・フリースはウィリアムズからF1イタリアGPに出場してデビュー戦でセンセーショナルなポイントを獲得した。

これがレッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコの興味をそそり、レッドブルファミリーは2023年のF1グリッドに2人のオランダ人を迎えることになった。

「モンツァの後の月曜日、マックスは『君の周(冠宇)を抑えるのを少し手伝った』と言っていた。僕たちは一緒にスポーツで育ち、幼い頃からお互いをよく知っていた」とニック・デ・フリースは語った。

「僕たちはキャラクターの点で大きく異なっていると思うけど、マックスは今、僕たちのスポーツを支配しているし、それを見るのは本当に素晴らしいことだと思う。 彼がそれを行っている方法は非常に印象的だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニック・デ・フリース / アルファタウリ