2021年11月のF1情報を一覧表示します。

フェリペ・マッサ 「フェラーリF1は過ちを犯し過ぎた」

2021年11月2日
フェリペ・マッサ 「フェラーリF1は過ちを犯し過ぎた」
元F1ドライバーのフェリペ・マッサは、元所属チームであるフェラーリF1がフィールドの最前線に戻るために“過ちを犯し過ぎた”と感じている。

2008年にフェラーリF1でランキング2位を獲得したフェリペ・マッサは、今ではその時代がフェラーリのミハエル・シューマッハ時代に次ぐ“最高の年”だったと振り返る。

レッドブル・ホンダF1 「メルセデスのリアサスをコピーする計画はない」

2021年11月2日
レッドブル・ホンダF1 「メルセデスのリアサスをコピーする計画はない」
レッドブル・ホンダF1は、メルセデスが採用するリアサスペンションのデバイスをコピーすることを除外。メルセデスはリアの車高を下げることでディフューザーをストールさせてストレートで15馬力相当の向上を果たしているとされている。

レッドブル・ホンダF1は、メルセデスが突如ストレートでパフォーマンスをアップさせたことについて多くの指摘をしてきたが、その秘密が判明した今、異議申し立てを行ったり、それが違法だと主張することはないと繰り返し主張している。

「トロロッソ離脱が早期に発表されてなければ自分がレッドブルにいた」

2021年11月2日
 「トロロッソ離脱が早期に発表されてなければ自分がレッドブルにいた」と元F1ドライバーのジャン・エリック・ベルニュ
ジャン・エリック・ベルニュは、トロロッソでのF1で3シーズンの後、フォーミュラEでタイトルを連覇するなど、他のチャンピオンシップで大きな成功を収めてきた。

しかし、その間もジャン・エリック・ベルニュはずっとF1が未完のビジネスであり続けているのは明らかだ。そして、彼がレッドブルF1のドライバープログラムを解雇された方法は依然として釈然としない運命のいたずらだった。

レッドブルF1代表、2022年マシン『RB18』は「まったく異なる哲学で設計」

2021年11月2日
レッドブルF1代表、2022年マシン『RB18』は「まったく異なる哲学で設計」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2022年のF1レギュレーションを元に生み出されるマシンは「誰にとっても白紙の状態」だ年、どのチームが成功するかを見るのを楽しみにしていると語る。

当初、大幅なF1レギュレーション変更をベースにした次世代マシンは、今年に導入される予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックによって2022年まで延期された。

F1:ダブルイエロー時の自動タイム抹消ルールはメキシコGPでも継続

2021年11月2日
F1:ダブルイエロー時の自動タイム抹消ルールはメキシコGPでも継続
F1は、アメリカGPで導入したダブルイエローフラッフの条件下でラップタイムを自動で抹消するという新ルールを今週末のF1メキシコGPでも継続する。

このルールは、F1トルコGPでフェルナンド・アロンソがダブルイエロー時に十分に減速しなかったことがきっかけとなり導入。フリープラクティスや予選でサーキットのダブルイエロー区間を通過するドライバーは、自動的にラップタイムが削除される。

【動画】 F1ドライバーがフリースロー対決 / F1アメリカGP

2021年11月2日
【動画】 F1ドライバーがフリースロー対決 / F1アメリカGP
F1アメリカGPの週末、F1はNBAの75周年を記念して共同プロモーションを実施。F1ドライバーがフリースロー対決を行った。

サーキット・オブ・ジ・アメリカズのパドック内に建設されたNBAの75周年をテーマにしたバスケットボールハーフコートでのF1ドライバーによるフリースロー対決が実施された。

メルセデスF1代表 「チームは躁病とうつ病の行き来を避ける必要がある」

2021年11月2日
メルセデスF1代表 「チームは躁病とうつ病の行き来を避ける必要がある」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、彼のチームは2021年のフォームにおいて“躁病とうつ病”の間を行き来することを避ける必要があると語る。

前戦F1アメリカGPで、現役ワールドチャンピオンチームであるメルセデスは、牙城としてきたサーキット・オブ・ジ・アメリカズで2014年以来2度目の敗北を喫した。

「ジョビナッツィの実力は正当に評価されていない」と元F1ドライバー

2021年11月2日
「ジョビナッツィの実力は正当に評価されていない」と元F1ドライバーのデビッド・クルサード
アントニオ・ジョビナッツィは正当に評価されておらず、2022年もアルファロメオF1のシートにしがみつくことができることを望んでいる。そう語るのは元F1ドライバーのデビッド・クルサードだ。

アントニオ・ジョビナッツィの将来の見通しは暗い。3000万ドルの中国マネーをもたらす周冠宇が取って代わると長く報じられており、アンドレッティのチーム買収報道では、コルトン・ハータがドライバーを務めるとも報じられた。

メルセデスF1、新規F1参入が噂のフォルクスワーゲン・グループに警告

2021年11月1日
メルセデスF1、新規F1参入が噂のフォルクスワーゲン・グループに警告
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、将来F1参入を検討している自動車メーカー - フォルクスワーゲン・グループ - に警告を発した。

ホンダが今シーズン限りでF1から撤退することで、F1にエンジンを供給する自動車メーカーは、メルセデス、フェラーリ、そして、アルピーヌF1に供給するルノーの3社となる。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 64 | 65 | 66 | 67 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム