レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「今年のタイトル追求は2022年を犠牲にしていない」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、今年のF1タイトルを獲得するためにチームが2022年の成功を“妥協”しているとは考えていないない。

F1は2022年に大幅なレギュレーション変更を控えており、F1チームの大多数は焦点を来年に切り替えている。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、マックス・フェルスタッペンがF1シュタイアーマルクGPで圧勝してチャンピオンシップでさらに遅れをとったにもかかわらず、彼のチームが今シーズンにマシンをアップグレードしないことを確認している。(後にジェイムズ・アリソンが否定)

マックス・フェルスタッペンは、ドライバーズチャンピオンシップでルイス・ハミルトンを18ポイントリードしており、レッドブル・ホンダは最近のラウンドで好転を見せており、4連勝してコンスイトラクターズ選手権を40ポイントリードしている。

レッドブル・ホンダF1は、まだ2021年のマシン - RB16B- にアップデートをもたらしているが、マックス・フェルスタッペンは、このアプローチが将来のシーズンで成功する可能性を損なうことになるとは考えていない。

「もちろん、他のチームで何が起こっているのかは分からない。僕たちサイドが、ほぼすべてのレースでクルマを改良していることは分かっている。良いシーズンを過ごす良い機会があるので、これは非常に重要んばことだと思う」とマックス・フェルスタッペンは、日曜日のレッドブル・リンクで優勝した後に語った。

「僕はチームにいる人々に信頼している。来年も100%信頼している。今のところ、そのような妥協は目にしてない。もちろん、来年がどうなるかは時が経てばわかるだろう。でも、僕は今シーズンのアプローチに完全に同意している」

F1は今週末のF1オーストリアGPのためにレッドブルリンクに戻るが、マックス・フェルスタッペンはさらなる改善を目指している。

「僕たちには非常に良いパッケージがあるけど、すべてのトラックが異なるので、週末ごとにそれを見たいと思っている」とマックス・フェルスタッペンは付け加えた。

「まだマシンの完璧なセットアップを見つけることが重要だ。なぜなら、それを機能させるためにいくつかの領域で非常に敏感になる可能性があるからだ。決して十分ではないので、僕は常に週末ごとに改善しようとしている」

「見た目は素晴らしく、大差で勝ったこのような週末でも、決して十分というわけではない。だから、僕たちはとにかく何を改善できるか詳細を調べていく。他のトラックに行くときは、再び今日のようになるとは思らない」

「僕たちは自分たちがやらなければならないことに非常に集中し続けなければならない。これまでのところ、それがどのように進んでいるかに非常に満足しているけど、言ったように、それは決して十分ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1