メルセデスF1技術者 「今シーズンのためのアップグレードはある」
メルセデスF1のテクニカルディレクターを務めるジェイムズ・アリソンは、2022年のプロジェクトに重点が置かれてはいるものの、まだ今シーズン向けのアップグレードはあると述べた。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、チームはもはや今季マシンを開発しておらず、予算上限があることで、2022年に導入される新しいレギュレーションにリソースを割り当てたと述べていた。

しかし、ジェイムズ・アリソンは、メルセデスF1がシュタイアーマルクGPでそのポテンシャルを最大化したと感じており、今後のレースで2021年マシンのパフォーマンスを改善はずのパーツがまだあると語る。

「クリーンな週末を行ってペースで負けることの方が苦痛なのか、それとも、勝てたかもしれないが、それをストップしてテーブルに残してチャンスを捨てるのかどうかを話し合った」とジェームズ・アリソンは F1 Nation のポッドキャストに語った。

「そして、前者は痛いが、競争相手よりも遅いことは望まないのでプライドを傷つけることであり、我々ができることすべてをきちんと提供することは貴重な資産であり、不足しているパフォーマンスを求めているながらも、追い求め続けることは必要であり、我々がしていることに期待すべき最低限のことだという結論にすぐに達した」

「実際、実行という観点では良い週末を過ごした。レッドブルにプレッシャーをかけ、うまくいけば、彼らがつまずいて戦うことができるように、不足しているパフォーマンスを確実に提供するように努めることが課題だ」

「決して自信などない。相手が何をしているのかを絶えず心配し、それでも、自分対がしていることに集中しなければならないのは、このビジネスで働く人の永続的な運命だと思う」

「しかし、これからのレースで我々のマシンをより速くするためが合理的な数の物がある。それらが十分であることが証明されることを願っている」

混乱の一部は、トト・ヴォルフの発言と、メルセデスF1にはアップグレードを必要だと感じているのが、まったくその兆しが見えないというルイス・ハミルトンのコメントから来ているが、ジェイムズ・アリソンは、すでに製造されているパーツもしくはパワーユニットのパフォーマンスを改善する潜在的な方法を見落としていると語る。

「これら2つのことが互いに対立しているとは思わない。そして、トトがそれを正確に言ったとは思わない。トトが指摘するのは、来年のルールは大きくてき困難出来事であり、多大な注意を必要とするということだ。そのため、我々のファクトリーの焦点のほとんどは来年に切り替わっている。来年のパフォーマンスの発見することにね。だが、それは焦点の切り替え前からもう戦うための物がないという意味ではない。さらに言えば、それはファクトリーのすべてではない」

「もっと言えば、2つのファクトリーのうちの1つにすぎない。また、PUファクトリーもあり、PU側からももう少し多くのものがある」

「したがって、近い将来にいくつか空力的な変化はあり、PUにも少しある。配達側の我々は望んでいる。そして、我々が望んでいるほど整頓されていないいくつかのことがある。今シーズンはまだ非常に活気あって熱いものであり、我々が正しい方向に進む機会はある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス