アルファタウリF1代表 「次世代PUはアウディ/ポルシェ参入の扉を開く」
アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2026年に導入が予定される新しいF1エンジン規則が、アウディ/ポルシェというフォルクスワーゲン・ブランドのF1参入への“扉を開く”と考えている。

現在、2026年のF1エンジン形式について議論が重ねられているが、フォルクワーゲン・グループが新しいエンジンルール下での参入を検討しており、既存のエンジンメーカーは、それを可能にするためにMGU-Hを廃止することに合意したと報じられている。

レッドブルとフォルクスワーゲンは歴史的に繋がりがすでに確立させており、過去に仕事をした経験のあるフランツ・トストは、アウディとポルシェのF1参入の噂について、その可能性があることを認めた。

「この新しいエンジンコンセプトはその扉を開くだろう」とフランツ・トストは Sport1 に語った。

「メルセデスと並んでF1に他のドイツのメーカーが登場することを願っている。私にとって、F1よりも優れたマーケティングプラットフォームはない」

「世界中の9億5000万人の視聴者がそれ自体を語っている。2026年からの新しいレギュレーションにより、彼ら(フォルクスワーゲン)は、マーケティングとグリーンな自動車の未来を最適に組み合わせることができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / レッドブル / フォルクスワーゲン / アウディ / ポルシェ