F1代表 「フォルクスワーゲン・グループのF1参戦にとって重要な1カ月」

2022年1月7日
F1代表 「フォルクスワーゲン・グループのF1参戦にとって重要な1カ月」
F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、1月はフォルクスワーゲン・グループがF1に参戦する決定にとって「重要な1か月」になる可能性があると語る。

フォルクスワーゲン・グループのブランドであるポルシェとアウディは、最近、F1と密接に関連しており、代表者がF1の将来の方向性、特に次世代F1エンジンについての会議に参加している。

ロス・ブラウン 「アウディ/ポルシェはF1の持続可能性の推進に関心」

2021年12月8日
ロス・ブラウン 「アウディ/ポルシェはF1の持続可能性の推進に関心」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1の持続可能性への探求、世界の環境問題に関する将来の関連性が、アウディとポルシェの両方がF1に参戦することへの関心を生み出す上で重要であると述べた。

F1の利害関係者は、2025年または2026年からF1を前進させるエンジンプラットフォームをまだ定義していない。

F1代表 「VWがF1参戦してドイツのF1人気が再熱することを願う」

2021年12月2日
F1代表 「VWがF1参戦してドイツのF1人気が再熱することを願う」
F1は、グランプリ主催者とより多くの契約を結ぶためにレース開催にローテンションスキームを導入する可能性がある。

2022年にF1は23戦を予定しているが、F1チームはすでにカレンダーは負担の限界にあると主張している。だが、それを回避する一つの方法として、各年で主催地にローテションシステムを導入して、より多くのレース契約を結ぶという方法が検討されている。

ウィリアムズF1 「フォルクスワーゲンが参入するなら喜んで交渉に応じる」

2021年11月30日
ウィリアムズF1 「フォルクスワーゲンが参入するなら喜んで交渉に応じる」
ウィリアムズF1は、フォルクスワーゲン・グループがF1に参戦する可能性を歓迎しており、ドイツのメーカーと交渉することには“オープン”だと語った。

F1は、2026年シーズンに新しいF1エンジンレギュレーションを導入する予定であり、スポーツに新しいメーカーが参入することを目指している。

「フォルクスワーゲンは既存チームと組んでF1参戦するだろう」

2021年11月28日
「フォルクスワーゲンは既存チームと組んでF1参戦するだろう」とウィリアムズF1代表
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、フォルクスワーゲン・グループがコンストラクターとしてF1に参戦する場合、まったく新しいオペレーションではなく、“パートナー”チームを経由することになると考えている。

フォルクスワーゲンは、アウディとポルシェのいずれか、もしくは両方のブランドで、次世代F1エンジンが導入される2026年にF1に参入すると予想されている。

VW、レッドブルと提携せずに独自にポルシェ/アウディのF1エンジンを製造?

2021年11月16日
VW、レッドブルと提携せずに独自のポルシェ/アウディにF1エンジンを製造?
フォルクスワーゲン・グループのF1エンジンプログラムは、必ずしもレッドブル・パワートレインズとのコラボレーションではない。ポルシェとアウディがオプションを検討しており、スタンドアロンプロジェクトである可能性があるとThe Raceは報じている。

F1は、フォルクスワーゲン・グループに2026年に導入される予定の新しいレギュレーションに対応した新しいF1パワーユニットの構築をコミットするよう説得しようとしている。

メルセデスF1 「ポルシェが参入するならF1の利益のために譲歩する」

2021年11月12日
メルセデスF1 「ポルシェが参入するならF1の利益のために譲歩する」
メルセデスF1は、2026年にポルシェがF1に参入するためのドアを開くために譲歩する用意があると語る。

フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、フォルクスワーゲン・ブランドはF1で歓迎されているが、そのために2026年のフィールドを平準化するルール変更をすることには疑問を投げかけている。

ポルシェ 「F1に参入するために必要なパートナーとの議論は進行中」

2021年11月4日
ポルシェ 「F1に参入するために必要なパートナーとの議論は進行中」
ポルシェのモータースポーツ責任者を務めるトーマス・ローデンバッハは、F1参入に必要なパートナーと議論をしていることを認める。

フォルクスワーゲン・グループのポルシェとアウディは、新しいF1エンジン形式が導入される2026年にF1に参入することが噂されており、11月に開催される監査会でポルシェとアウディのF1参戦が議論されると報じられている。

レッドブルF1、フォルクスワーゲンとのエンジン提携の噂を否定せず

2021年11月3日
レッドブルF1、フォルクスワーゲンとのエンジン提携の噂を否定せず
レッドブルF1は、フォルクスワーゲン・グループがF1に参入した場合に提携するとの噂を否定していない。

F1-Insider.com は、フォルクスワーゲン・グループが、2026年の新しいエンジン時代にアウディとポルシェがF1に参入することを11月にヴォルフスブルクで開催される監査役会で決定すると報じている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム