ランボルギーニ 「F1は将来の我々のアイデアの一部ではない」

2022年5月19日
ランボルギーニ 「F1は将来の我々のアイデアの一部ではない」
ランボルギーニのCEOを務めるステファン・ウィンケルマンは、F1は同社のロードマップにはないと主張する。

「F1は将来の我々のアイデアの一部ではないと思う。モータースポーツについて話すときは常に公道仕様の車との関連性がなければならない」とステファン・ウィンケルマンはTopGear.comに語った。

レッドブルF1代表 「ポルシェ/アウディと話し合うことは論理的」

2022年5月17日
レッドブルF1代表 「ポルシェ/アウディと話し合うことは論理的」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ポルシェやアウディと話し合うことは「論理的」だとしつつも、「まだ非常に初期の段階」だと強調した。

2026年のポルシェとアウディのF1参入を巡っては多くの議論がなされているが、主要な議論の1つは、どのチームにF1パワーユニットを供給するかだ。

ウィリアムズF1 「アウディのF1参戦が確定したら話し合いの場を設ける」

2022年5月12日
ウィリアムズF1 「アウディのF1参戦が確定したら話し合いの場を設ける」
ウィリアムズF1は、アウディとの提携について“話し合い”の準備をしている。

フォルクスワーゲン・グループから2026年のF1プロジェクの承認を受けたアウディは、アストンマーティンとアルファロメオ(ザウバー)と交渉したと噂されている、また、チーム買収の噂のあったマクラーレンについては、ザク・ブラウンが“非売品”だと主張している。

ポルシェとアウディのF1参戦はF1ドイツGPの復活に光明?

2022年5月11日
ポルシェとアウディのF1参戦はF1ドイツGPの復活に光明?
2026年にフォルクスワーゲン・グループのポルシェとアウディのF1参戦計画は、ドイツGPがF1カレンダーに復帰する新たな希望を与えている。

マイアミのような儲かる魅力的な新しい会場が脚光を浴びている一方で、伝統的なサーキットであるホッケンハイムとニュルブルクリンクはF1の支持を失った。

フォルクスワーゲン 「アウディ/ポルシェにドイツ人F1ドライバーを乗せたい」

2022年5月6日
フォルクスワーゲン 「アウディ/ポルシェにドイツ人F1ドライバーを乗せたい」
フォルクスワーゲンのCEOを務めるヘルベルト・ディースは、ポルシェとアウディがF1に参戦する際にドイツ人ドライバーにそれぞれのチームのステアリングを託すことを期待していると述べた。

フォルクスワーゲン・グループは、2026年以降のF1参戦について、ポルシェとアウディの両ブランドがすでにF1エンジンプロジェクトに取り組み始めていることを確認している。

アウディとポルシェ、F1参戦にむけてエンジンの開発を開始

2022年5月4日
アウディとポルシェ、F1参戦にむけてエンジンの開発を開始
フォルクスワーゲン・グループのCEOを務めるヘルベルト・ディースは、アウディとポルシェがF1参戦にむけてエンジンの開発を開始していることを明らかにした。

まだ、アウディとポルシェからの正式な発表はないが、フォルクスワーゲン・グループは料ブランドのF1参戦計画を承認しており、2026年のF1エンジンレギュレーションの最終決定を待っている。

フォルクスワーゲンCEO 「モータースポーツで重視されているのはF1だけ」

2022年5月3日
フォルクスワーゲンCEO 「モータースポーツで重視されているのはF1だけ」…アウディとポルシェのF1参戦を表明
フォルクスワーゲンのCEOであるヘルベルト・ディースは、同グループの取締役会が2026年にアウディとポルシェのF1参戦に賛成票を投じたことを確認した。

アウディとポルシェのF1へのコミットメントについての公式の発表はまだ保留中だが、ヘルベルト・ディースは、フォルクスワーゲンが拠点を置くヴォルフスブルク市の住民とのYouTubeビデオでの会話でF1計画を承認したことを認めた。

フォルクスワーゲンCEO、アウディとポルシェの2026年のF1参戦を断言

2022年5月3日
フォルクスワーゲンCEO、アウディとポルシェの2026年のF1参戦を断言
フォルクスワーゲンのCEOを務めるヘルベルト・ディースは、同グループの取締役会は、アウディとポルシェのF1参戦がコストよりも多くのお金をもたらすことで納得し、F1への参戦を決定したと語った。

ドイツの自動車メーカーが本社を置くヴォルフスブルクでのイベントで、ヘルベルト・ディースは、アウディとポリシェの計画についての取締役会による議論でいくつかの意見の相違を生まれたと認めた。

アルピーヌF1 「ポルシェとアウディの待遇は既存メーカーと同じにすべき」

2022年4月19日
アルピーヌF1 「ポルシェとアウディの待遇は既存メーカーと同じにすべき」
アルピーヌF1のCEOを務めるローラン・ロッシは、フォルクスワーゲン・グループのF1参入を歓迎しているが、ニューカーカマーには既存のメーカーに公平な待遇を与えるべきだと強調する。

最近、フォルクスワーゲン・グループは、2026年に導入するされる新しいエンジン形式が最終確認が行われるのを待って、ポルシェとアウディのF1参入を決定することを発表した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム