F1噂話:レッドブルF1とフォルクスワーゲンの交渉は水面下で継続中?

2020年11月10日
F1噂話:レッドブルF1とフォルクスワーゲンの交渉は水面下で継続中?
レッドブルF1は、2022年以降のF1エンジンがないという問題にと直面している。数年間は古いホンダのF1パワーユニットを搭載し続けることが期待されているが、長期的には異なる解決策を見つける必要がある。

そして、ここ数週間、フォルクスワーゲンの名前がマックス・フェルスタッペンのチームの可能性のあるライフラインとしてしばしば囁かれている。

レッドブルF1、ポルシェとF1エンジン供給について交渉との報道

2020年10月6日
レッドブルF1、ポルシェとF1エンジン供給について交渉との報道
ホンダのF1撤退を受け、レッドブルがポルシェとF1エンジン供給について交渉を行っていると F1 Insider が報じている。

ホンダのF1撤退により、レッドブルは2022年のF1エンジンサプライヤーを探さなければならなくなったが、オーナーであるディトリッヒ・マテシッツはメルセデスとの協力を望んでおらず、過去に喧嘩別れしたルノーとの再会も問題外だとされている。

FIA会長、2023年のe-fuel導入によるフォルクスワーゲンのF1参入に期待

2020年9月16日
FIA会長、2023年のe-fuel導入によるフォルクスワーゲンのF1参入に期待
FIA会長のジャン・トッドは、2023年のe-fuelの導入によってフォルクスワーゲンがF1参入を検討してくれることを期待していると語る。「

現在、フォルクスワーゲン傘下のアルディとポルシェは電気自動車シリーズのフォーミュラEに参戦しているが、先月、フォルクスワーゲンのフォルクスワーゲン・グループのCEOであるヘルベルト・ディースは、F1が“合成燃料”を導入すれば「フォーミュラEよりもはるかに刺激的で楽しい技術競争」になると語った。

ランボルギーニ、F1参戦を改めて否定 「採算が合わない」

2019年7月5日
F1 ランボルギーニ
ランボルギーニのCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、ランボルギーニがF1に参戦する可能性があるとの推測を改めて否定した。

フォルクスワーゲン・グループ傘下のランボルギーニは、これまでしばしばFf1参戦が噂されてきたが、元フェラーリのF1チーム代表でもあるステファノ・ドメニカリは、ランボルギーニはF1参戦に興味を持っていないと改めて語った。

ポルシェとランボルギーニ、2021年のF1参入を除外

2018年11月6日
F1 ポルシェ ランボルギーニ
フォルクスワーゲンのインサイダーは、ポルシェにとってタイミングが“不適切”であるとして近い将来のF1参入を否定した。

ポルシェは、新たなエンジンレギュレーションの策定に関与しており、2021年のF1参入を検討していた。しかし、MGU-Hの廃止を含む問題が片付くことはなく、ポルシェの関心は低下している。

フォルクスワーゲン、電気自動車スーパーカー「I.D. R Pikes Peak」を発表

2018年4月24日
フォルクスワーゲン パイクスピーク パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム
フォルクスワーゲンは、電気自動車のスーパースポーツカー、「I.D. R Pikes Peak」(アイ.ディ.アール パイクスピーク)」を発表した。

最高出力 500kW(680PS)、最大トルク650Nm、車両重量1,100kg以下のこのスーパースポーツカーにより、フォルクスワーゲンは、2018年6月24日に米国コロラドスプリングズで開催される国際的に有名なレース、パイクスピークインターナショナル ヒルクライムに挑む。

フォルクスワーゲン、F1の現在のコストは“危険な道のり”

2017年8月24日
フォルクスワーゲン F1
フォルクスワーゲン・グループのディレクターを務めるバーナード・ゴブマイヤーは、F1は現在の予算では“危険な道のり”にあると語る。

F1の代表チェイス・キャリーとロス・ブラウンは、現在のコンコルド協定が2020年に失効した後は、チーム間の収入の公平化することを望んでいると主張している。

FIA、フォルクスワーゲンの2017年版 ポロ R WRCの参戦を却下

2017年2月7日
フォルクスワーゲン 2017 WRC
FIAは、フォルクスワーゲンの2017年仕様のポロ R WRCが世界ラリー選手権に参戦することを許可しなかった。

1月1日の最終期限に間に合わなかったフォルクスワーゲン・モータースポーツだが、プライベートチームがWRCでポロを使用できるようにクルマのホモロゲーションを得られることを望んでいた。

フォルクスワーゲン、従業員3万人を削減

2016年11月21日
フォルクスワーゲン 大規模リストラ
フォルクスワーゲンは、電気自動車など成長が期待できる事業への転換を図るため、3万人の従業員を削減すると発表した。

フォルクスワーゲンは、ドイツ・ヴォルフスブルクの本社で記者会見を開き、世界の従業員の約5%に当たる3万人の従業員を削減する計画を明らかにした。

そのうちの2万3000人はドイツ国内で削減される計画であり、自主的な早期退職を促すことで削減を進めるとしている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム