アルファタウリ・ホンダF1、AT02の突起のない新ノーズデザインを披露
アルファタウリ・ホンダF1は、2021年F1世界選手権に投入する新車『AT02』のシェイクダウンを実施。ローンチ仕様とは異なる先端に突起のない新しいノーズデザインが確認された。

アルファタウリ・ホンダF1は、コスト削減を目的に2021年のシャシー開発に割り当てられた2つトークンをノーズのクラッシュ構造を再定義することに費やした。

アルファタウリ・ホンダF1は、2021年F1マシン『AT02』を2月19日(金)にお披露目したが、公開されたレンダリング画像では2020年に使用したノーズジオメトリが保たれていた。これは新車の一部の隠すための戦術であり、F1チームが実際には異なるノーズデザインでコース上に現れるのはよくあることだ。

アルファタウリ・ホンダF1は2月24日(水)にイモラ・サーキットで『AT02』のシェイクダウンを実施。そこで搭載された新型ノーズは、先端に突起型のクラッシュ構造はなくなっており、以前の仕様と比較して著しく細くなっている。

昨年、メルセデス、マクラーレン、ルノーなどはフロントウイングの取り付けポイントをさらに内側にシフトしたが、アルファタウリ・ホンダ AT02はライバルほど極限までそうしていない。

「2つのトークンを新しいノーズに使用することを選択し、アウトボード・フロントサスペンションも再設計した」とアルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターであるジョディ・エギントンは述べています。

「その結果、技術規則で許可されているように、レッドブル・テクノロジーズが提供するステアリング・コンポーネントの一部を2020年仕様にアップデートすることを選択した」

「ヘッドラインの空力数値は変化の影響を受けたが、失われたパフォーマンスを回復し、マシンの空力操作ウィンドウを改善するために、我々は本当に一生懸命取り組んできた」

「我々のマシンはどれくらい速くなるか? まだ正確な数字を出したいとは思っていない。全体として、すべてを考慮に入れると、おそらく2020年半中盤のパフォーマンスレベルが見られると思う」

シェイクダウン時のAT02には、エレメントが中央でスプーンのような形を形成するより彫刻的なデザインを特徴とする新しいフロントウィングを備えていた。

メインプレーンは、ウイングの中立セクションに取り付けられたポイントでより顕著な上昇を特徴とし、おそらく再配置されたエンドプレートをより凝集的に相互作用させることを目的としていると考えられる。

さらに、メインプレーンから離された上記の要素は、渦を生成するための先端を追加する。渦は、フロントサスペンションの下を転がり、フロアから離れた後流を区画化するために一般的に使用される。

フロントサスペンションアームはカーボンファイバーフェアリングに再設計されたが、チームが昨シーズン採用したマルチリンクアッパーウィッシュボーンを保持しているようだ。これは2019年にレッドブルが走らせていたものだ。

アルファタウリ・ホンダ AT02のシェイクダウンは、前日に2019年マシンをテストしていた角田裕毅が最初に走行を担当した。

アルファタウリ・ホンダ AT02

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1