アルファタウリF1、来季用レッドブル製ギアボックスの仕様確定を9月に設定
アルファタウリ・ホンダF1は、2021年F1マシン用にレッドブルから供給されるギアボックスの仕様確定の最終期限を9月に設定。一方で、姉妹チームのレッドブル・レーシングは設計の修正にさらに時間をかけていくという。

レッドブルが所有する2つのチームは密接に関係しており、アルファタウリは、レッドブル・テクノロジーを介してサスペンション、ギアボックス、ハイドロリックなど多くの部品を引き継いでいる。

しかし、2020年はF1レギュレーションが大幅に変更するため、これまでのようにレッドブル・レーシングの1年落ちの設計を使用するという選択肢はなくなる。そのため、2つのチームは特定のコンポーネントの仕様を確定する必要のある時期についてのスケジュールに合意した。

2021年のF1レギュレーションの変更によって作業関係はどのように変化するかと質問されたアルファタウリのチーム代表フランツ・トストは「来年もフロントサスペンション、リアサスペンション、ギアボックス、そして、ハイドロリックを入手する」とコメント。

「しかし、レッドブルが『これが私たちが走るギアボックスだ』と決定するか、もしくはそれらが作業を継続するために風洞内にいるどうかは8月/9月に決定される」

「我々は9月に設計されたギアボックスを入手することになるだろう。11月や12月まで待つことはない。というか、ギアボックスを手に入らなくなってしまうので待つことはできない!」

フランツ・トストによると、9月以降の変更は最小限に抑えられるが、その変更はレッドブル・レーシングにとっては大きな意味を持つことになるだろうと語る。

「我々は9月に設計の準備ができている部品を手に入れる。もし、レッドブル・テクノロジーがまだ彼らのマシンを調査している場合、彼らは何か違うものを持っているかもしれない。だが、完全に異なるものにはないだろう」とフランツ・トストは語る。

「おそらくドライブシャフトが少し低いか高い、ディファレンシャルが低いか高い、またはさらに前方になる可能性はある」

「ほんの数ミリメートルに過ぎないが、レッドブル・レーシングのようなチームにとってはそのような小さな変更、あるいは多くの小さな変更が大きなパフォーマンスの差になる可能性があるため重要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / レッドブル / トロロッソ