メルセデス、ウィリアムズへの財政的な貢献を認める

2017年1月19日
メルセデス ウィリアムズ
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、ウィリアムズに対してバルテリ・ボッタスの放出とフェリペ・マッサの復帰を容易にすることを助ける財政的な貢献があったことを認めた。

メルセデスは、バルテリ・ボッタスを獲得するために、ウィリアムズからボッタスの契約を買い取るだけでなく、パワーユニットの供給価格についても値下げを行ったと考えている。

フェリペ・マッサ Q&A:ウィリアムズでのF1復帰について

2017年1月17日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサは、メルセデスに移籍したバルテリ・ボッタスに代わって、F1引退を撤回して2017年にウィリアムズでF1を戦うことが決定した。

昨シーズン末、あなたはF1から引退する適切な時間だと感じたと言っていました。何が変わったのですか?
どこかでレースをするというのが、ずっと僕の意向だった。僕はまだレース、そして競争への情熱を持っているからね。それにウィリアムズに対して強い愛情がある。この3年間、チームと楽しんできたからね。

ウィリアムズ、バルテリ・ボッタスに代えてフェリペ・マッサの起用を発表

2017年1月16日
フェリペ・マッサ
ウィリアムズは、2017年にバルテリ・ボッタスがメルセデスへ移籍できるように契約を解消し、後任としてフェリペ・マッサが引退を撤回して走ることを発表した。

フェリペ・マッサは、2017年にF1デビューするランス・ストロールのチームメイトとして4年連続でウィリアムズでF1を戦うことになる。

ウィリアムズ、今週中にもバルテリ・ボッタスについて発表へ

2017年1月16日
バルテリ・ボッタス
ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、バルテリ・ボッタスについて今週中に何らかの発表を行う可能性が高いことを明らかにした。

バルテル・ボッタスは、引退を発表したニコ・ロズベルグの後任としてウィリアムズからメルセデスに移籍すると考えられている。

ウィリアムズは、バルテリ・ボッタスの契約を解消するために見返りを求めていたとされるが、どうやら今週中にも契約がまとまるようだ。

メルセデスとウィリアムズ、チーム人事について口を噤む

2017年1月12日
メルセデス ウィリアムズ F1
メルセデスとウィリアムズは、チーム人事の次の動きについて口を噤んでいる。

メルセデスは、エグゼクティブディレクターを務めてきたパディ・ロウがチームを離脱して“ガーデニング休暇”に入ったことを発表。

パディ・ロウは、引退したパット・シモンズの後任としてウィリアムズに加入すると噂されている。

フェリペ・マッサ、F1復帰のためにフォーミュラEの契約を破棄

2017年1月9日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサが、F1引退を撤回して2017年もウィリアムズで走るためにフォーミュラEに参戦するために結んでいた契約を破棄したと Marca が報じた。

ニコ・ロズベルグの電撃引退により、メルセデスは後任としてウィリアムズのバルテリ・ボッタスを起用することはほぼ確実だとされている。

ウィリアムズは、バルテリ・ボッタスが抜けた穴を埋めるために、F1引退を表明していたフェリペ・マッサに2017年も走るよう説得したとされている。

バルテリ・ボッタス、メルセデスのファクトリーを訪問との報道

2016年12月31日
バルテリ・ボッタス
バルテリ・ボッタスのメルセデス移籍の可能性がますます高まった。

海外メディアの報道によると、バルテリ・ボッタスはクリスマス前にブラックリーにあるメルセデスのファクトリーを訪問。シート合わせに備えて2017年F1マシンのコックピットを試したという。

また、バルテリ・ボッタスは、来年仕事をすることになるメルセデスのエンジニアとの面会も済ませたという。

ウィリアムズ 「開発が間違った方向に進んだ」

2016年12月31日
ウィリアムズ F1
ウィリアムズの副チーム代表クレア・ウィリアムズは、過去2シーズンの間にクルマの開発が間違った方向に進んだと述べた。

新しいパワーユニットレギュレーションが導入された2014年、ウィリアムズは効率的な空力パッケージがメルセデスのパワーユニットの優れたパフォーマンスを引き出すことに役立ち、コンストラクターズ選手権を3位で終えた。

フェリペ・マッサ、年末にトレーニング・・・F1復帰へのヒント?

2016年12月31日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサは、12月30日という年末にジムで精力的にトレーニングを行っている。

引退したニコ・ロズベルグの後任として、メルセデスはバルテリ・ボッタスの獲得を目指している。ウィリアムズはバッテスが移籍した場合の穴を埋めるために、フェリペ・マッサに引退を撤回するようアプローチしているとされている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム