ジェンソン・バトンとストフェル・バンドーンにまつわる噂

2016年6月4日
ジェンソン・バトン ストフェル・バンドーン
ジェンソン・バトンとストフェル・バンドーンの将来についてるシリーシーズンの憶測が広がっている。

昨年シーズン後半、マクラーレン・ホンダがジェンソン・バトンとの契約更新を決断するまで、ジェンソン・バトンの2016年のウィリアムズへの移籍はほぼ目前だったと考えられている。

現在、F1パドックでは、すでにマクラーレンがジェンソン・バトンに替えて育成ドライバーのストフェル・バンドーンを2017年のドライバーとして起用することを決断したと噂されている。

ストフェル・バンドーン 「日本の雨はすごいなと思った」

2016年5月30日
ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンが、スーパーフォーミュラ 第2戦 岡山の決勝レースを振り返った。

決勝レースはフルウェットコンディション。雨脚は弱まることなく増々強くなるため、レースはセーフティーカーランでスタート。19台のマシンは隊列走行を続ける。この間もチームはいくつかのオプションを考え、チームは3周目にストフェル・バンドーンにピットインを指示。給油を済ませ隊列最後尾に戻った。

ストフェル・バンドーン、電気系トラブルで予選16位 / スーパーフォーミュラ

2016年5月29日
ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、スーパーフォーミュラ 第2戦 岡山の予選を16位で終えた。

ノックアウト第1予選、まず中古タイヤでアタック確認を行ったストフェル・バンドーンは、残り6分でニュータイヤを装着して再度アタックへむかったが、車体に電気トラブルが発生。ギアチェンジができない状況では走行すらままならず、ピットインし車を止め、16 位で予選を終えることとなった。

マクラーレン・ホンダ 「ストフェル・バンドーンは手放さない」

2016年5月26日
ストフェル・バンドーン
マクラーレンのロン・デニスは、リザーブドライバーを務めるステフェル・バンドーンがマクラーレン・ホンダを離れることはないとライバルチームに警告した。

今月初旬、ストフェル・バンドーンは、他チームからの関心があることを認めつつ、2017年の意向はマクラーレンでF1グリッドに並ぶことだと述べていた。

マクラーレン・ホンダは、2017年もフェルナンド・アロンソと契約を結んでいるが、ジェンソン・バトンとの契約は今シーズン末までとなっている。

ストフェル・バンドーン、2017年のマクラーレン・ホンダのシート獲得に自信

2016年5月22日
ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、2017年にマクラーレン・ホンダでレースシートを獲得する可能性は“かなり大きい”とし、チームが早期に決断してくれることを願っていると述べた。

今年、ストフェル・バンドーン(24歳)は、負傷したフェルナンド・アロンソに代わってF1バーレーンGPでレースデビューを果たし、1ポイントを獲得している。

ストフェル・バンドーン、マクラーレン・ホンダのダウンフォース増加を実感

2016年5月19日
ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、F1バーレーンGPで走らせたときよりもマクラーレン・ホンダ MP4-31には多くのダウンフォースが追加されたと感じている。

マクラーレン・ホンダのリザーブドライバーを務めるストフェル・バンドーンは、開幕戦のクラッシュで負傷したフェルナンド・アロンソの代役として第2戦バーレーンGPに出走し、ポイントを獲得する活躍をみせた。

ストフェル・バンドーン 「F1シートを獲得したいのはあくまでマクラーレン」

2016年5月12日
ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、F1パドックで他チームからの関心に気付いてはいるが、来年マクラーレンでレースしたいと思っている。

今年マクラーレン・ホンダのリザーブドライバーを務めるストフェル・バンドーンは、負傷したフェルナンド・アロンソの代役としてスーパーフォーミュラのテストをしていた日本から急遽召集されてF1バーレーンGPに参戦し、チームに今シーズン初ポイントをもたらした。

マクラーレン・ホンダ、ストフェル・バンドーンをバルセロナテストに起用

2016年5月11日
ストフェル・バンドーン
マクラーレン・ホンダは、F1スペインGP後にバルセロナで開催されるインシーズンテストでストフェル・バンドーンがMP4-31を走らせることを発表した。

ストフェル・バンドーンは、2日目にテストを担当。初日はジェンソン・バトンがステアリングを握る。

マクラーレン・ホンダのリザーブドライバーを務めるストフェル・バンドーンは、先月のF1バーレーンGPで負傷したフェルナンド・アロンソの代役として急遽参戦。すでにMP4-31のパッケージを経験している。

ストフェル・バンドーン、スーパーフォーミュラのデビュー戦で3位表彰台

2016年4月24日
ストフェル・バンドール
ストフェル・バンドールは、スーパーフォーミュラでのデビュー戦となった開幕戦鈴鹿で3位表彰台を獲得した。

4番グリッドから決勝レースを迎えた#41 ストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は、絶好のスタートで3位に浮上すると、1分42秒台のペースをキープして43周を走りきり、日本でのデビュー戦で見事に表彰台を獲得した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム