F1 ストフェル・バンドーン マクラーレン
マクラーレンのストフェル・バンドーンは、F1アブダビGPの決勝レースを14位で終えた。

今シーズン、ストフェル・バンドーンは4回の入賞で12ポイントを獲得してランキング12位で終了。来季からはフォーミュラEに転向することが決定している。

「今日はシーズンをノーポイントで終えることになってしまったけど、それでもかなり良いレースだった」とストフェル・バンドーンはコメント。

「今日は楽しい時間を過ごすことができた。特に多くの事故でも起こらない限り、僕たちにとってタフなレースになることはわかっていた。僕たちは懸命に戦ったし、数台での接戦だった。そこは本当にレースの楽しい部分だった。後ろのクルマを抑えるのは必死に戦ったよ!」

「僕たちの持っているもので今年成し遂げたことには満足している。シーズンをフィニッシュできて本当に嬉しい。今日は全力を尽くしたし、チェッカーフラッグを見えることができて満足している。残念ながら、僕たちにはポイントを獲得できるような速さはなかったけど、それはいつものことだ。レースの内容には満足しているし、すべてを出し切ることができた」

「少しお祝いして、新たなことに進む時間だ。明日には頭の中は新しいチャレンジに切り替わっていると思う。楽しみにしている」

関連:F1アブダビGP 結果:王者ルイス・ハミルトンが今季11勝目で有終の美

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ストフェル・バンドーン / マクラーレン / F1アブダビGP