F1 ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、2019年に開始するメルセデスのシミュレータードライバーの役割を介してF1に復帰する可能性を排除してはいない。

マクラーレンで2シーズンを戦ったストフェル・バンドーンだが、2019年はルノーから移籍するカルロス・サインツと新人のランド・ノリスと交代するかたちでF1のレースシートを失った。

来季、ストフェル・バンドーンは、メルセデスと関連するHWAからフォーミュラEに参戦しつつ、メルセデスF1チームのシミュレータードライバーを務めることになった。

ストフェル・バンドーンは、F1復帰の可能性のためにメルセデスに完全な実力を示したいと考えている。

「F1界に関わり続けられることは間違いなくいいことだ。将来何が起こるかは誰にもわからないからね」とストフェル・バンドーンはF1公式サイトにコメント。

「メルセデスと関わり、彼らのために仕事をすることは、自分の実力を彼らに知ってもらうためにはうってつけだと思っている。将来のドライバー市場がどうなるかはわからない」

「今シーズンはちょっとクレイジーだったし、来年がどうなるかは誰にもわからない。だから、関与して、何かが起こったときに備えておくのは良いことだ」

マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、ストフェル・バンドーンのF1キャリアについて遺憾の意を表している。

「ストフェルはかなり優れたレースドライバーであるが、何らかの理由でうまくいかなかった。その責任のいつくかは我々にあるし、彼のような実績のあるドライバーがうまくいかなかった理由を理解したいと思っている」とザク・ブラウンはコメント。

「間違っていたり、成功しなかったことに貢献した可能性があることを繰り返したくはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ストフェル・バンドーン