ストフェル・バンドーン 「まだトラブルのない週末を過ごせていない」

2017年4月15日
ストフェル・バンドーン マクラーレン・ホンダ
ストフェル・バンドーンは、F1バーレーンGP 初日のフリー走行でMGU-Hのトラブルに見舞われ、午前中は10周、午後は8周しか走行することができなかった。

「今日も僕にとっては難しい一日だった。FP1ではエンジンの不具合が発生し、FP でも再び問題があったため、走行周回は非常に限られてしまった。あれだけの走行時間を失ったことは残念だし、特に FP2 は予選と決勝のコンディションと非常に似ているので、なおさらだ」とストフェル・バンドーンはコメント。

ストフェル・バンドーン、エンジントラブルでストップ

2017年4月14日
マクラーレン・ホンダ F1 バーレーンGP
マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンは、F1バーレーンGPのフリー走行1回目にエンジントラブルに見舞われた。

開幕戦でストフェル・バンドーンが完走した以外は、開幕2戦をトラブルでリタイアしているマクラーレン・ホンダ。プレシーズンテストでホンダのF1パワーユニットにトラブルが多発して、マイレージを稼げなかったツケがまわってきている。

ストフェル・バンドーン 「ホンダのパワー不足でレースにならない」

2017年4月12日
マクラーレン・ホンダ F1
ストフェル・バンドーンは、現在のホンダのF1パワーユニットでレースをするのは“不可能”だとし、“緊急”でもっと多くのパワーが必要だと断言している。

苦戦が予想されたF1中国GPでは、フェルナンド・アロンソが一時ポイント圏内を走行したが、最終的にマクラーレン・ホンダはダブルリタイアに終わった。

ストフェル・バンドーンは、マクラーレンのシャシーには好感触を得ているものの、ストレートでのホンダのF1エンジンのスピード不足を嘆いている。

ストフェル・バンドーン 「クルマは改善している」/ F1バーレーンGP

2017年4月11日
マクラーレン・ホンダ F1 ストフェル・バンドーン
マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンが、F1バーレーンGPへの展望を語った。

昨年、マクラーレン・ホンダのリザーブドライバーと務めていたストフェル・バンドーンは、負傷したフェルナンド・アロンソの代役としてF1バーレーンGPでデビューし、ポイントを獲得している。

「2016年のバーレーンGPにはたくさんの良い思い出がある」とストフェル・バンドーンはコメント。

「マクラーレンはコーナーではウィリアムズより速い」とバンドーン

2017年4月11日
マクラーレン F1
ストフェル・バンドーンは、現在のマクラーレン・ホンダのパフォーマンス危機はホンダのF1パワーユニットによるものだと強調した。

フェルナンド・アロンソは、ホンダのF1パワーユニットの極端なパワー不足から、自身のF1中国GPの予選と決勝で力強いパフォーマンスを“神からのプレゼント”と表現した。

ストフェル・バンドーン、マシントラブルでリタイア / F1中国GP

2017年4月9日
ストフェル・バンドーン F1 マクラーレン・ホンダ
ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)は、F1中国GPの決勝レースをマシントラブルでリタイアした。

グリッドが1つ繰り上がり、15番グリッドからスタートしたストフェル・バンドーンは、インターミディエイトからソフトタイヤに交換してしばらく15番手を走行していた。

ストフェル・バンドーン 「ホンダの問題がいつ解決するかはわからない」

2017年4月8日
ストフェル・バンドーン F1 マクラーレン・ホンダ
ストフェル・バンドーンは、マクラーレン・ホンダが抱えている問題が解決がされるのにどれくらい時間がかかるかはわからないと語る。

3年目を迎えたマクラーレンとホンダのパートナーシップは、決別の危機が報じられるほど厳しい状況にある。メルボルン後、マクラーレン・ホンダは、2017年のパッケージが上海ではさらに弱点が浮き彫りになると警告しており、実際、ロングストレートでは160馬力の損失があるとも言われている。

ストフェル・バンドーン 「初めてのトラックなので楽しみ」 / F1中国GP

2017年4月3日
ストフェル・バンドーン F1 マクラーレン・ホンダ
ストフェル・バンドーンが、F1中国GPへの意気込みを語った。

「オーストラリアでのレースは、レースをフィニッシュしたという点では期待外れではあったけど、僕にとってはキャリアで重要なマイルストーンだったし、マクラーレン・ホンダのドライバーとしての初の公式レースをスタートすることができて嬉しかった」とストフェル・バンドーンはコメント。

ストフェル・バンドーン 「マクラーレン・ホンダと一緒に戦っていく」

2017年4月3日
ストフェル・バンドーン F1 マクラーレン・ホンダ
ストフェル・バンドーンは、たとえグリッドで最遅のマシンでF1フル参戦デビューを果たしたとしても、やる気に満ち溢れていると語る。

今年、マクラーレン・ホンダで念願のF1シートを獲得したストフェル・バンドーンだが、メルボルンでの開幕戦後「僕たちは最下位だ。それが僕たちのパフォーマンスの現実だ」と断言。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム