ストフェル・バンドーン 「ブラジルのファンの前で最高の結果を出したい」

2018年11月6日
F1 ストフェル・バンドーン マクラーレン
マクラーレンのストフェル・バンドーンが、2018年のF1世界選手権 第20戦 ブラジルGPへの意気込みと、インテルラゴス・サーキットについて語った。

「去年のインテルラゴスは1周目に事故に巻き込まれてリタイアを余儀なくされて短い経験だったので、今週末は僕もフェルナンドもそれを繰り返さないことを願っている!」とストフェル・バンドーンはコメント。

ストフェル・バンドーン 「ポイント獲得が可能なことはわかっていた」

2018年10月29日
F1 ストフェル・バンドーン マクラーレン メキシコGP
マクラーレンのストフェル・バンドーンは、F1メキシコGPの決勝レースで8位入賞を果たした。

「今日はとても満足している。今週末、僕たちはどの戦略を選択するかという点で多くの作業と準備を進めてきたし、ここでポイントを獲得することが可能なことはわかっていた」とストフェル・バンドーンはコメント。

ストフェル・バンドーン 「タイヤデグラデーションが続けばチャンス」

2018年10月28日
F1 ストフェル・バンドーン マクラーレン メキシコGP
マクラーレンのストフェル・バンドーンは、F1メキシコGPの予選を17番手で終えた。

「実際にはかなりまともな予選だったと思う。タイムはかなり拮抗していたし、100分の数秒差でQ2を逃してしまったのは残念だけど、とにかくそれはフィールドがいかに拮抗しているかを表していると思う」とストフェル・バンドーンはコメント。

ストフェル・バンドーン 「誰もがタイヤのことを話題にすると思う」

2018年10月27日
F1 ストフェル・バンドーン マクラーレン メキシコGP
マクラーレンのストフェル・バンドーンは、F1メキシコGP初日のフリー走行を15番手で終えた。

「まずまずな金曜日だった。今日はおそらく誰もがタイヤを話題にすると思う。コースに出て、ロングランを見ることが重要だったし、デグラデーションを確認するために二人でタイヤコンパンドを分けた」とストフェル・バンドーンはコメント。

ストフェル・バンドーン、“押しの強さが足りない”発言に反論

2018年10月26日
F1 ストフェル・バンドーン マクラーレン
マクラーレンのストフェル・バンドーンは、モーターレースで成功するためにはもっと“押しの強さ”が必要であるとの見解を否定した。

マクラーレンは今シーズン限りでストフェル・バンドーンの放出を決定。CEOを務めるザク・ブラウンはバンドーンには“押しの強さが足りない”と語っていた。

ストフェル・バンドーン 「メキシコは高度が影響する特別なトラック」

2018年10月25日
F1 ストフェル・バンドーン マクラーレン
マクラーレンのストフェル・バンドーンが、、2018年のF1世界選手権 第19戦 メキシコGPへの意気込みと、アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスについて語った。

「メキシコは高度によってとても特別なトラックだ。僕たち全員が最大のダウンフォースで走るけど、高度によって実際のダウンフォースはモンツァよりも低くなる。それによってクルマを走らせるのがとてもトリッキーになる」とストフェル・バンドーンはコメント。

マクラーレン 「ストフェル・バンドーンには“押しの強さ”が足りなかった」

2018年10月24日
F1 マクラーレン ストフェル・バンドーン
マクラーレンのCEOを務めるザウ・ブラウンは、ストフェル・バンドーンは“押しの強さ”が足りなかったと語る。

マクラーレンは、2019年にストフェル・バンドーンに代えてルーキーのランド・ノリスの起用を決定。ストフェル・バンドーンはF1グリッドを離れ、来期はフォーミュラEに活動の場を移す。

ストフェル・バンドーン、メルセデスF1の開発ドライバーに就任?

2018年10月23日
F1 ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、2019年もF1界との関係を維持することになるかもしれない。

今シーズン限りでマクラーレンのF1シートを喪失するストフェル・バンドーンは、来期はメルセデスのワークスチームとなるHWAからフォーミュラEに参戦することが決定している。

だが、ストフェル・バンドーンは、メルセデスのシミュレータードライバーとしてF1との関係を維持し続けることになりそうだ。

ストフェル・バンドーン 「僕たちにとって最大限の結果だった」

2018年10月22日
F1 ストフェル・バンドーン マクラーレン
マクラーレンのストフェル・バンドーンは、F1アメリカGPの決勝レースを13位でフィニッシュ。上位2台が失格となったことで最終リザルトは11位となった。

「最終的に今日のリザルトはそれほど悪くはなかった。特にこのような状況ではね。周りはいろいろと修羅場だったけど、僕たちはまずまずのスタートが切れた。1周目では右も左も中央も接触があったし、理想的ではなかった」とストフェル・バンドーンはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム