F1 ストフェル・バンドーン
F1キャリアを終えたストフェル・バンドーンは、今年のマクラーレンの“政治”の犠牲者だったとほのめかした。

マクラーレンは、2019年のドライバーとしてストフェル・バンドーンに代えて期待の新人であるランド・ノリスを起用することを決定。バンドーンはフォーミュラEに転向し、メルセデスのシミュレータードライバーを務めることになった。

ストフェル・バンドーンは、F1ラストレースは“楽しかった”と語る。

「僕たちのクルマがフォースインディアやハースのレベルにはないことはわかっていたけど、エステバンとロマンと素晴らしい戦いができた」とストフェル・バンドーンはコメント。

「これから数日リラックスして、頭を空っぽにして、電気モードにスイッチしていくよ」

ジュニアカテゴリーで圧倒的な速さを見せてきたことを考えれば、ストフェル・バンドーンがF1で活躍できなかったことを疑問に思っているものも多い。

「舞台裏で起こっているすべてを見れるわけではないからね。いろいろ政治的なことがある」とストフェル・バンドーンはコメント。

「すべてを話すことはできないけど、想像はつくと思う。個人的に後悔はしていない。やれるだけの仕事はやったと思っている」

「しばらく僕が逃していたのは、チームの信頼感だった。同時に他のドライバーと交渉していることを知りながら、常にパフォーマンスを発揮してベストを尽くすのは簡単なことではない。でも、僕は諦めなかったし、良いレースをしてシーズンを終えることができた」

再びF1に戻ることを考えているかと質問されたストフェル・バンドーンは「わからない」とコメント。

「でも、人生には時々サプライズがあるものだ。いつかここでまた会うことになるかもしれないね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ストフェル・バンドーン | マクラーレン