ロビン・フラインス (ケータハム)
ケータハムのリザーブドライバーを務めるロビン・フラインスは、F1バーレーンGPの金曜フリー走行1回目に小林可夢偉に代わって走行を担当。レース後に行われるテストでも1日クルマを走らせる。

ロビン・フラインス (ケータハム)
「ケータハムで2014年シーズンの初めてのFP1のためにクルマに戻ることに興奮している。特にバーレーンではプレシーズンテストですでにクルマを経験しているからね。前回走ったときからクルマ全体で僕たちがどれくらい進歩を果たしているか楽しみだ」

「でも、僕の焦点はレース週末のチームの準備を手伝うことだ。僕が価値を加えられるものがあることはわかっているし、トラブルフリーのセッションができると思うよ!」

「レース週末後は、僕たちは一回目のインシーズンテストのために留まるし、そのテストの2日間のうちの1日を走る。もちろん、FFP1とは計画は異なる。プレッシャーはかなり少ないし、トラックでの時間も多くて、より大きな走行プランがある。でも、チームのためにできる限り良い仕事をするために同じ集中と決意でアプローチすることが本当に重要だ。トラックでチームと一緒にリーフィールドのシミュレータで行った作業に基づいて効果的に動くことはできるだけ多くのことを学び続けるチャンスでもある。仕事に戻るのが待ちきれない!」

関連:F1バーレーンGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロビン・フラインス | ケータハム | F1バーレーンGP