フェルナンド・アロンソ:2016 F1メキシコGP プレビュー

2016年10月26日
フェルナンド・アロンソ 2016 F1 メキシコ
フェルナンド・アロンソが、F1メキシコGPへの意気込みを語った。

フェルナンド・アロンソ (マクラーレン・ホンダ)
「去年、メキシコシティで僕たちが受けたサポートは、前シーズンでベストな観衆のひとつだったし、チーム全体が再びあの有名にサーキットに戻るのを楽しみにしている。ファンの熱狂は本当にドラバーに違いを生み出す」

フェルナンド・アロンソにお咎めなし … 5位が確定

2016年10月24日
フェルナンド・アロンソ 5位入賞
F1アメリカGPのスチュワードは、レース後、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)とフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)のインシデントを審議。結果、フェルナンド・アロンソにペナルティは科せられず、5位入賞が確定した。

レース終盤、フェルナンド・アロンソは6位を争うフェリペ・マッサにターン16で仕掛けたが、両者は接触して、コース外に飛び出した。アロンソは前に出ることに成功したが、マッサはパンクに見舞われてピットインを余儀なくされていた。

フェルナンド・アロンソ、5位フィニッシュもレース後に審議

2016年10月24日
フェルナンド・アロンソ (マクラーレン・ホンダ)
F1アメリカGPを5位でフィニッシュしたフェルナンド・アロンソだが、レース後の審議対象となっている。

レース後半、フェルナンド・アロンソは6位を争っていたフェリペ・マッサをターン16でオーバーテイク。2台はホイールが接触して、コーナーの立ち上げりでコース外に膨らんだが、フェルナンド・アロンソは前に出ることに成功。一方、フェリペ・マッサはパンクに見舞われてピットインを余儀なくされた。

フェルナンド・アロンソ、タイトル獲得から10年経過

2016年10月23日
フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、前回のタイトル獲得からちょうど10年の節目を迎えても心が動かされることはないと語る。

F1アメリカGPが行われる今週末は、フェルナンド・アロンソが2006年にルノーで2年連続のチャンピオンになってからちょうど10年の節目にあたる。

これについて質問されたフェルナンド・アロンソは「10年でも、5年でも、12年でも、ただの数字だ。何も変わらない」と Movistar にコメント。

フェルナンド・アロンソ 「2017年F1タイヤテスト不参加は好機を逃した」

2016年10月22日
フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、マクラーレンは2017年F1タイヤテストに参加しないことによって好機を逃したと感じている。

メルセデス、フェラーリ、レッドブルの3チームは、ピレリの2017年F1タイヤの開発を助けるための24セッションに参加するという判断を下した。

だが、マクラーレンは、2017年F1マシンに全てのリソースを集中させ、プログラムの分割をさけたい考え、関与しないことを選択した。

フェルナンド・アロンソ、2017年はマクラーレンにとって“攻めの一年”

2016年10月21日
フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、2017年に競争力のあるマシンを作り上げたいのであれば、マクラーレン・ホンダは弱点に“アタック”するべきだと主張する。

今年は大幅な前進を遂げたものの、マクラーレンはコンストラクターズ選手権でなんとか6位の状態。後半戦に入ってさらなるパフォーマンスの向上が見られていていたが、前戦F1日本GPでは苦戦を強いられた。

フェルナンド・アロンソ:2016 F1アメリカGP プレビュー

2016年10月18日
フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ
フェルナンド・アロンソが、F1アメリカGPへの意気込みを語った。

フェルナンド・アロンソ (マクラーレン・ホンダ)
「サーキット・オブ・ジ・アメリカズは、全てのクルマにとってビッグチャレンジだ。各セクターが完全に異なるものを提供する。セクター1は多くの正確さが求められる。1コーナーまでは大きな上りでブラインドで入っていく」

フェルナンド・アロンソ 「ピレリのタイヤテストはフェアではない」

2016年10月12日
フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、一部のチームとドライバーだけが、ピレリの2017年F1タイヤを早めに経験している事実を批判した。

今週、チャンピオンシップを争うニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンは、バルセロナへと向かい、改良版の2015年マシンで2017年のスリックタイヤをテストする。

フェルナンド・アロンソ 「鈴鹿でのペース不足を引きずってはいけない」

2016年10月10日
フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、F1日本GPでのペース不足を今シーズン残り4戦に引きずってはいけないと語った。

ホンダのホームレースである鈴鹿サーキットで、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンは低調な結果に終わった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム