ウィリアムズの2022年04月のF1情報を一覧表示します。

アルボン 「レッドブルF1のドライバーを外された日は本当に辛かった」

2022年4月30日
アレクサンダー・アルボン 「レッドブルF1のドライバーを外された日は本当に辛かった」
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、2022年シーズンの終わりにレッドブル・レーシングのF1ドライバーを外されたことを告げられたF1で夢の仕事を失った日の経験について語った

アレクサンダー・アルボンは、2019年のF1オーストラリアGPでトロロッソからF1デビューを果たし、その後、ピエール・ガスリーと交代する形で夏休みにマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてレッドブル・レーシングに昇進した。

ニコラス・ラティフィ、ウィリアムズF1での将来に渦巻く噂

2022年4月28日
ニコラス・ラティフィ、ウィリアムズF1での将来に渦巻く噂
ニコラス・ラティフィのウィリアムズF1での将来について噂が渦巻いている。

Sky Sports F1のテッド・クラヴィッツは、ウィリアムズF1がF2チャンピオンのオスカー・ピアストリをローン移籍させるというアルピーヌF1のオファーを検討しているとのパドックの噂を明かしている。

オスカー・ピアストリ、2023年にウィリアムズでF1デビューの噂

2022年4月26日
オスカー・ピアストリ、2023年にウィリアムズでF1デビューの噂
オスカー・ピアストリが2023年にウィリアムズでF1デビューを果たすという“パドックの噂”をSkt Sports F1のテッド・クラヴィッツが明かした。

F3とF2で2年連続でタイトルを獲得したオスカー・ピアストリは、F1レースシートの次の列に並んでいる。今年、ピアストリは、レースを離れて、アカデミーのメンバーとして所属しているアルピーヌF1チームのリザーブ兼開発ドライバーを務め、チャンスが訪れたときのために可能な限り多くの知識を吸収している。

ウィリアムズF1 「マシンから塗装は減らすことでかなりのゲイン」

2022年4月26日
ウィリアムズF1 「マシンから塗装は減らすことでかなりのゲイン」
ウィリアムズF1は、FW44の重量を減らすための継続的な取り組みの一環として、FW44の塗装量を減らすことで大きなメリットを得ていると語る。

F1の10チームはすべて、シーズン開幕前に3kg増加して798kgになったにもかかわらず、新世代F1マシンで最低重量を達成するのに苦労している。

アレクサンダー・アルボンのブレーキ炎上は「スイッチポジション間違い」

2022年4月23日
アレクサンダー・アルボンのブレーキ炎上は「スイッチポジション間違い」 / ウィリアムズF1 エミリア・ロマーニャGP予選
ウィリアムズF1の車両パフォーマンス責任者を務めるデイブ・ロブソンは、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPの予選Q1でのアレクサンダー・アルボンのブレーキ炎上は「スイッチの位置が正しくなかった」ことが原因だったことを明らかにした。

アレクサンダー・アルボンは、予選Q1でFW44の右リアブレーキから出火。最終的にパーツは爆発してタイヤを吹き飛ばし、火のついたデブリがコース上にばら撒かれて、セッションは赤旗中断となった。

アレクサンダー・アルボン 「ミッドフィールドはイライラするほど拮抗」

2022年4月17日
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボン 「ミッドフィールドはイライラするほど拮抗」
アレクサンダー・アルボンは、2022年のミッドフィールドの戦いが「イライラするほど拮抗」していることで、ウィリアムズF1チームが一貫してそのバトルに加わることを困難にしていると認める。

F1オーストラリアGPで、アレクサンダー・アルボンは58周のレースの57周を同じハードタイヤで走行するという大胆な戦略を成功させて10位でフィニッシュ。ウィリアムズF1チームに今シーズン初ポイントをもたらした。

ウィリアムズF1、アストンマーティンを模倣してFW44の塗装を剥がす

2022年4月16日
ウィリアムズF1、アストンマーティンを模倣してFW44の塗装を剥がす
ウィリアムズF1は、軽量化の方法としてアストンマーティンからインスピレーションを受け、F1オーストラリアGPでFW44の塗装を剥がした。

F1は新しいレギュレーション時代で3レースを終えたばかりだが、この段階で多くのチームのF1マシンが太りすぎている。アストンマーティンは最低重量より30kg重いと報じられているが、車の塗装の一部を剥がすことで約350グラムを削減した。

ウィリアムズF1、アルボンが大胆な戦略で今季初ポイント獲得

2022年4月11日
ウィリアムズF1、アルボンが大胆な戦略で今季初ポイント獲得 / F1オーストラリアGP決勝
ウィリアムズF1は、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの決勝で、アレクサンダー・アルボンが10位入賞を果たしてチームに今シーズン初ポイントをもたらした。ニコラス・ラティフィは16位でレースを終えた。

1リットルの燃料サンプルを提出できなかったことで予選結果から失格となったアレクサンダー・アルボンは、最後尾からハードタイヤでスタート。そして、残り1周までタイヤを交換しない大胆な戦略を行使して10位入賞を果たした。

アレクサンダー・アルボン 「すべてのセッションをC2タイヤでやるべき!」

2022年4月11日
アレクサンダー・アルボン 「すべてのセッションをC2タイヤでやるべき!」 / ウィリアムズ F1オーストラリアGP決勝
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリでほぼレースディスタンスをハードタイヤ(C2)で走り切り、ピレリのC2コンパンヅを称賛した。

C2はオーストラリアグランプリで最も硬いコンパウンドであり、予選失格となって最後尾スタートとなったアレクサンダー・アルボンはそのタイヤを使用することを選択。その戦略が奏功した。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム