アレクサンダー・アルボン 「すべてのセッションをC2タイヤでやるべき!」 / ウィリアムズ F1オーストラリアGP決勝
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリでほぼレースディスタンスをハードタイヤ(C2)で走り切り、ピレリのC2コンパンヅを称賛した。

C2はオーストラリアグランプリで最も硬いコンパウンドであり、予選失格となって最後尾スタートとなったアレクサンダー・アルボンはそのタイヤを使用することを選択。その戦略が奏功した。

レースでは2回のセーフティカーが出たが、アレクサンダー・アルボンはどちらもステイアウトを選択。トップ10圏内まで順位を上げた。同じくハードタイヤで第1スティントを延ばしたフェルナンド・アロンソやケビン・マグヌッセンは、途中でピットインして後方まで順位を下げたが、アレクサンダー・アルボンは最後から2周目のラップまで走行を続け、最後に2種類のタイヤ使用義務を果たすためにソフトタイアに交換した。

その結果、アレクサンダー・アルボンは10位でチェッカーを受け、ウィリアムズF1チームに今シーズン初ポイントをもたらした。戦略を取り巻く状況を考えれば、アルボン自信にとっても喜びはひとしおだった。

アレクサンダー・アルボンは、ピレリがC2に推奨した最大40周の終盤でもタイヤが劣化することはなく、逆の効果が起こっていたとコメントした。

「どんどん良くなっていたし、レースの終盤は25ラップの予選ラップのように感じた」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「明らかにそれは完全に予想外のことだったけど、それはファクトリーとここのトラックで行われたすべての作業を本当に強調している。

「それが決意とモチベーションというものだ。素晴らしい一日だった。チームのためにこの結果を得ることができて良かった」

アレクサンダー・アルボンは、ハードコンパウンドでメガスティントを続けていたが、「VSCやセーフティカーの下でピットインしなかったことに驚いた」と付け加え、ピレリの5つレンジのうち2番目に硬いコンパウンドで将来すべてのレースしたいとと冗談交じりに語った。

この戦略を考えたストラテジストについて「きっと彼らは僕が知らないことをよく知っているんだ思った」と付け加えた。

「ハースの1台が僕の前にピットインしたのがポイントだった。『オーケー、これからトリッキーなレースになるだろう』と思った。DRSが後ろの集団に追い抜かれるのを防いでくれた」

「でも、一旦クリアーな空気に出ると、僕たち周りの人よりもはるかに古いタイヤを履いているのに、マクラーレンと多かれ少なかれ同じペースを保っていた。最後はアルピーヌを引き離していた」

「興味深いのは、C2タイヤが僕たちの車に本当に合っていることだ。少し予想外なので、もちろん、この結果を得ることができた理由を理解する必要がある」

「たぶん、このタイヤで予選、レース、すべてを行う必要がある。10セット全部C2にしてよ!」

ウィリアムズF1は、アストンマーティンとともに、F1の新時代の初期のバックマーカーであり、10チームのうち8チームがバーレーンとジェッダでポイント獲得ポジションを争い、2チームはわずかに遅れをとっている。

ウィリアムズF1の苦闘を考えると、グローブを拠点とするチームにとってはまだ長いシーズンになる可能性があるが、アレクサンダー・アルボンはシーズン初ポイントは歓迎すべき後押しになるだろうと付け加えた。

「切望されていた結果だ」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「シーズンのスタートが難しいときは、その勢いを変えて、自分がしていることにポジティブになりたいと思っている」

「良い結果を得られないときはトリキーだ。大変な時期だけど、それは僕をやる気にさせている。チームがポイントを獲得するようにやる気を起こさせている。そして、今、僕たちはもっと多くのことを切望している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ / F1オーストラリアGP