ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボン 「ミッドフィールドはイライラするほど拮抗」
アレクサンダー・アルボンは、2022年のミッドフィールドの戦いが「イライラするほど拮抗」していることで、ウィリアムズF1チームが一貫してそのバトルに加わることを困難にしていると認める。

F1オーストラリアGPで、アレクサンダー・アルボンは58周のレースの57周を同じハードタイヤで走行するという大胆な戦略を成功させて10位でフィニッシュ。ウィリアムズF1チームに今シーズン初ポイントをもたらした。

ウィリアムズF1チームは、昨シーズンからほとんど進歩していないように映っており、アレクサンダー・アルボンとチームメイトのニコラス・ラティフィは、ウィリアムズFW44でオープニング3ラウンドでアルボンの1ポイントしか獲得できていない。

しかし、アクサンダー・アルボンはウィリアムズF1は実際に2022年に大きなステップを果たしたと主張したが、そのステップは、ハースF1チームとアルファロメオの急速な進歩ほど大きくないことを認める。

「アルファとハースがあのステップを果たして、ミッドフィールドの戦いに加わったことで、僕たちはイライラくらい拮抗している」とアレクサンダー・アルボンはF1Natinに語った。

「僕たちは前年よりもトップから遠く離れていない。僕たちが苦労しているに見えてしまうのは、彼らが集団に加わったからだ。でも、アルファとハースは素晴らしい仕事をした」

古いハードタイヤを使用しているにもかかわらず、アレクダンサー・アルボンは、レースの後半にライバルを引き離し、ミッドフィールドをリードするマクラーレンカーのテールエンドを追うことができたと語る。

「彼らと戦えたのは素晴らしかったし、僕がその車のグループにいたとき、あるパートでは主にバックミラーを見ていたけど、すぐに彼らを見失い、引き離した。『オッケー、さあ行くぞ!僕たちは彼らとのギャップを広げている!』という感じだったし、本当に楽しかった」

アレクサンダー・アルボンのポイント獲得は、ウィリアムズF1でジョージ・ラッセルの後任という重責に直面した後、新しいチームに落ち着くことに役立つだけだ。

マックス・フェルスタッペンがF1ワールドチャンピオンを獲得するためにレッドブルF1のシミュレーターで1シーズンを過ごしたアレクサンダー・アルボンは、ニコラス・ラティフィに先駆けてウィリアムズF1のリードドライバーとしての地位を固めている。

「レッドブルにいたときとは異なる立場であり、何よりも、もう少しチームリーダーであるように感じている」とアレクサンダー・アルボンは続けた。

「自分の経験を最大限に生かして、ニッキーと一緒にクルマを開発しなければならないと感じている。成熟するのに1年かかったようなに感じている。2020年や2019年にはそれができなかったと思う」

「今はより良い立場にいるように感じているし、それを楽しんでいる。僕にとって新しい挑戦だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ