マーク・ウェバー
マーク・ウェバーは、F1日本GPで3ストップ戦略に切り替えたのはレッドブルのミスだと考えている。

チームメイトのセバスチャン・ベッテルは、スタートで3番手に後退したが、2ストップ戦略を成功させて優勝。

マーク・ウェバーは、2番手でロマン・グロージャンを追いかけていた際に彼を上回るペースがあったと考えており、チームが戦略を切り替えたとことに驚いたと認めた。

「1回目のピットストップが終わった後は『まだ2(ストップ)だ。問題ない。タイヤをケアしろ。ターゲットラップまでいける』と言われた。そういう計画だった」

「ロマンの隙を狙っていたし、28周目から32周目の間に彼を仕留められたと思う。でも、25周目に3ストップでいくと言われていた。2ストップより5周短いだけだとね」

「でも、僕は『本気それが正しいと思っているのか?』と聞いたよ。そしたら『イエス、これでいく』と言われたのでそうした。100%を尽くしたよ」

なぜレッドブルの判断に反対しなかったのかと質問されたマーク・ウェバーは、全てのデータにアクセスしているのはチームのため、その時はチームを信じなければならなかったと説明した。

「自分の前に全てのチェスマッチがあるわけではない。僕はロマンがオプションで強いと思っていたけど、プライムはそれほどではないと思っていた。ピンを引いて彼の真後ろにつけると決めたときにはすぐにやれるんと思った」

「そににたどり着いたときに『OK、もう一回待とう。まだ2ストップで行けそうだ。最後に彼がタイヤにトラブルを抱えるまで待てると思う』と言った。でも、彼らは『ノー、今ピットインする必要がある』と言った。彼らの方が情報を多く持っているし、彼らは常に全体的に見ているので、それに従った」

マーク・ウェバーは、ロマン・グロージャンをすぐにかわせていたとしてもセバスチャン・ベッテルを上回れたとは思わないと述べた。

「セブ(ベッテル)は18周目にストップして、タイヤの調子はまだだいぶ良かった。僕が彼の後ろにつけていたとしても彼はペースを保てただろう。僕に多少のアドバンテージはあっただろうと思うけど、彼を攻略できるほどではなかったはずだし、残り周回数も十分ではなかった」

関連:F1日本GP 結果:セバスチャン・ベッテルが優勝で5連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マーク・ウェバー | レッドブル