VW、レッドブルと提携せずに独自のポルシェ/アウディにF1エンジンを製造?
フォルクスワーゲン・グループのF1エンジンプログラムは、必ずしもレッドブル・パワートレインズとのコラボレーションではない。ポルシェとアウディがオプションを検討しており、スタンドアロンプロジェクトである可能性があるとThe Raceは報じている。

F1は、フォルクスワーゲン・グループに2026年に導入される予定の新しいレギュレーションに対応した新しいF1パワーユニットの構築をコミットするよう説得しようとしている。

新しいエンジンレギュレーションは、12月15日までにFIA世界モータースポーツ評議会によって承認される必要がある。それらは、アウディとポルシェを所有するフォルクスワーゲン・グループが、MGU-Hの撤去、電気エネルギーの増加、および100%持続可能な燃料の採用によって参入することを奨励するために特別に組み立てられた。

当初、フォルクスワーゲン・グループのF1参入は、技術的専門知識を共有し、コストを分割するために、レッドブル・パワートレインズのオペレーションと連携することに基づいていると想定されていた。

ただし、これが唯一のオプションではない。別の方法は、F1パワーユニットプロジェクトを完全に社内で実施し、既存のチームと協力してポルシェまたはアウディとしてバッジを付けることだ。

フォルクス・グループにレッドブルとの共有プロジェクトよりも自律性を与え、F1エンジンがより明確なフォルクスワーゲン・ブランドのアイデンティティを持ち、ポルシェとアウディに加えてドイツのサプライチェーンにおける既存の知識を最大化できるため魅力的だ。

しかし、レッドブルとのコラボレーションには明らかな利点が残っている。これはまだテーブルにあり、レッドブルが結論を出すのに苦労している可能性がある。

レッドブルとポルシェの提携は、メーカーが望み、レッドブルが同意できる条件で提供する用意がある場合、ポルシェのブランディング程度の条件になる可能性もある。

フォルクスワーゲン・グループはその選択肢を開いたままにしていると考えられている。そのため、情報筋は、アウディとポルシェが単なるブランディングよりも潜在的なチームとの緊密な提携の可能性を模索していることを示している。

アウディがマクラーレンへの買収に関心を持っているという憶測は、マクラーレンによって即時に否定された。

また、The Raceは、ポルシェがレッドブルとの提携を超えたオプションを模索しており、それには、ウィリアムズへの投資への関心が含まれる可能性があるとしている。

アウディとポルシェは、メルセデスと同様の方法で、パートナーシップチームで重要な公平性を追求することができる(ダイムラーはブラックリーチームの33%を所有している)。

F1の収入が増え、F1チームのコストが凍結されたままであるため、F1チームは非常に収益性の高いオペレーションになるように設定されている。

ただし、これらはより高価なルートだ。独自のチームを最初から開始するよりも安価だが、エンジン供給契約だけよりもコストがかかる。また、F1チームは、フォルクスワーゲン・グループの取締役会の意見の変化に対して脆弱であるため、長期的なコミットメントを行うことができない可能性のあるブランドからの投資を許可することをためらう可能性がある。

2017年にポルシェはF1エンジンプロジェクトに多額の投資を行い、必要な仕様に合わせてエンジンを製造した。これが完全なF1エントリーとして実現するのに非常に近いとされていたが、親会社の「ディーゼルゲート」スキャンダルで頓挫した。これはプログラムがどれだけ早く消し去られるかを示している。

ここで提起された重要な問題は、フォルクスワーゲン・グループが、ポルシェとアウディのバッジを付けることができる独自の社内エンジンを製造した場合にレッドブルに何が起こるかということだ。レッドブル・パワートレインズの設立に数百万ドルを投資してきたレッドブルは、運営の費用を完全に単独で負担することになる。

結果として、フォルクスワーゲン・グループのF1オプションは、当初想定されていたよりもさらに広いように思われる。

しかし、どのブランドが代表され、どのチームに参加し、それらのパートナーシップがどのような形をとるかは、フォルクスワーゲン・グループがF1に参入することを決定するかどうかにかかっている。その決定は、今後数週間でほぼ確実に知ることができるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フォルクスワーゲン / レッドブル / アウディ / ポルシェ