メルセデスとフェラーリ、アウディ/ポルシェのF1参入への妨害を否定
メルセデスとフェラーリは、2026年のF1エンジンレギュレーションの最終化を遅らせることにより、フォルクスワーゲン・グループのアウディとポルシェのF1参入を妨害していることを否定した。

フォルクスワーゲン・グループが所有するアウディとポルシェは、2026年にF1に参入することを目指しているが、その年から施工される新しいF1エンジンレギュレーションはまだ確定していない。

イギリスグランプリで、レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーはオーストリアでのレギュレーション発表を期待していると述べ、アルピーヌF1チームのオトマー・サフナウアーは「大きなことが決定された」と述べた。

しかし、オーストリアグランプリのレース当日までにF1パワーユニット規制の見直しを伴うルール変更の発表はなかった。

アウディとポルシェのF1参入はパドックを分割した。メルセデスとフェラーリといったチームは、F1の質を薄めるへの懸念を表明する一方で、レッドブルのようなチームは、大手自動車メーカーのエンジンサプライヤーとして参入にとってF1がどれだけ得ることができるかについて支持を示した。

だが、メルセデスF1のトト・ヴォルフとフェラーリF1のマッティア・ビノットは、どちらもフォルクスワーゲンを苛立たせるために2026年のF1レギュレーションの最終化を意図的に遅らせていることを否定した。

トト・ヴォルフは、ニューカマーにオープンなことの兆候として、高価なMGU-Hをドロップするという合意を強調した。

「それどころか、我々はそれらの規制を遅らせたくはない。だが、我々はそれらが適切であることを望んでいる」とトト・ヴォルフは語った。


「我々はMGU-Hを差し出した。それはニューカマーを受け入れるための大規模なものだった」

「いずれにしろ、年末(2021)までに、彼らがパーティーに参加することを確認できると言われていた。その確認は今日まで行われていない。理由は分からない」

「ここはレギュレーションが常に変化する環境であるため、レギュレーションに依存させることはできない」

「我々は彼らのために大きな一歩を踏み出しました。レギュレーションの最終段階に踏み出そう。より詳細なことであり、我々がニューカマーのための50時間前後のダイナモ時間について議論するかどうかは問題ではない」

「しかし、我々はショーの一部として彼らを望んでいる。彼らはしばらくの間、これらのレギュレーションについて交渉しているが、まだコミットしていない」

マッティア・ビノットは、トト・ヴォルフに同意し、フォルクスワーゲン・グループがF1に参加することは素晴らしいことだが、分類する必要のあるレギュレーションの「オープンポイント」がまだあると語った。

「アウディとポルシェはF1に参加すると非常に確信している」とマッティア・ビノットは語った。

「F1にとって素晴らしいことであり、我々は非常にポジティブだ。より多くのメーカーがいることは素晴らしいことだ。そして、フォルクスワーゲン・グループが我々のビジネスとF1レーシングチャンピオンシップに参加することは素晴らしいことだ」

「我々は、彼らが幸せになるように適応するためにできることは何でもしたと思う。我々はMGU-Hを廃止した。彼らがF1に参加するのを助けるためだけにそれを行った。我々としては、MGU-Hを廃止することは、おそらくベストな選択ではないと信じている」

「我々がよく知っているテクノロジーであるため、これは妥協案だ。非常に高効率のテクノロジーであり、F1に最適だ。したがって、全体として、我々は非常にポジティブで建設的だと思う」

「では、なぜそんなに時間がかかるのか? それは、これらのことを適切に行うために必要な時間だからだ。そして、単に我々は今準備ができていない。既存メーカーとしての我々だけでなく、FIAも議論をリードしているからだ」

「そして、アウディとポルシェのためにも現在のレギュレーションはまだ準備ができていないと思う。それらはまだオープンポイントだ。そして、それらのオープンポイントは、単に取り組み、議論し、合意する必要があるものだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フォルクスワーゲン / フェラーリ / メルセデス / アウディ / ポルシェ