セバスチャン・ベッテル 「新しいリアウイングは大幅な向上ではない」 / アストンマーティン F1ハンガリーGP 金曜フリー走行
セバスチャン・ベッテルは、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリのプラクティスセッションをトップ10で終えたことを喜んでいるが、アストンマーティンF1チームが導入した革新的な新しいリアウィングのデザインから大きな後押しがあったわけではないと主張した。

木曜日に今シーズン限りで F1から引退することを発表して注目を集めていたセバスチャン・ベッテルは、AMR22に投入された目を引く最新のアップグレードでもパドックで注目の的だった。

アストンマーティンF1チームは、FIA(国際自動車連盟)の2022年の空力レギュレーションでグレーゾーンを見つけたようであり、チームはより根本的な新しいリアウイングを考え出し、ピットレーンでライバルの注目を確実に集めた。

しかし、初日のセッションを7番手で終えたセバスチャン・ベッテルは、新しいリアウイングウイングの影響を軽視した。

「一見したところでは、今日のペースはかなり良さそうだった。ロングランはかなり競争力があったし、チームとして堅実な仕事をしたと思うが、それでも車はまだかなり運転が難しい」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「もちろん、新しいリアウイングがあるし、それは秘密ではない。でも、パフォーマンスの大幅な向上ではない」

「全体として、チームが解決策を考えようとしているのを見るのは良いことだけど、それらが彼らがもっと影響を与えていたらといつも願っている」

他のF1チームが新しいデザインに異議を申し立てると思うかと尋ねられたセバスチャン・ベッテルは、簡潔に「ノー」と答えた。

今日とても速く見えた理由について、セバスチャン・ベッテルは「僕たちは他の金曜日よりも少しアグレッシブだったかもしれない」と答えた。

「問題はなかった。車の感触をつかむことができたと思う」

「もちろん、車をより速くしようとしている。僕たちにはできると思う。日曜日がドライであることは分かっているので、おそらくそれが主な目的だろう」.

しかし、セバスチャン・ベッテルは、嵐や大雨の予報が最終プラクティスや予選に影響を与えた場合、土曜日に何が起こるかをすでに考えている。

「雨が降ることは分かっているし、明日に向けてできる限りの準備をしている」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「ウェットの場合、過去2回のウェット予選セッションと比較して、ゲームを改善する必要があると思う」

「古典的な雨のセットアップはもう存在しない。それらは長い間なくなっていた。ずっと前に参加したときに、おそらくその終わりを目撃した」

「どれだけ濡れるか見てみよう。もちろん、濡れて走れなかったら残念だし、観覧席にいる人たちはあまりいい日じゃない!」

「僕はこのサーキットを運転するのが大好きだし、明日天気がファンのためにショーをするのを妨げないことを本当に願っている」

「ちょっとした宿題と準備が必要だ。でも、今のところ、週末の良いスタートになったと思う」

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティンF1チーム) F1 ハンガリーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / F1ハンガリーGP / アストンマーティン