セバスチャン・ベッテル 「マシンのコツを掴むことができていない」  / フェラーリ F1トスカーナGP 予選
フェラーリF1のセバスチャン・ベッテルは、2020年のF1世界選手権 第9戦 F1トスカーナGPの予選を14番手で終えた。

「Q1はミスを犯していたけど、なんとか突破することができた。でも、それ以降は進歩を果たすことができなかった」とセバスチャン・ベッテルは語る。

「データを調べてみる必要があるけど、ここまでのところ、あまりマシンのコツを掴むことができてない。努力はしているけど、特にスタートポジションを考えれば、難しいレースになるだろう。僕たちは本来のペースを示すことができなかった」

「この結果には満足していないけど、今週末ここまで少し苦労しているし、明日何ができるか見てみよう。オーバーテイクに関してはみんな難しいと言っているけど、ここでレースをするのは初めてなので、明日どうなるか見てみよう」

関連:F1トスカーナGP 予選:ルイス・ハミルトンが4戦連続ポールポジション。フェルスタッペン3番手でレッドブルF1が2列目独占

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / F1イタリアGP