ピエール・ガスリー、ヨーロッパには戻らずドバイで体力トレーニング / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダのF1ドライバーであるピエール・ガスリーは、ヨーロッパに戻らず、温暖なドバイに滞在して、来るべくF1シーズン再開にむけて体力トレーニングに励んでいると語る。

F1は3月23日(月)、世界的な新型コロナウイルス危機により、F1アゼルバイジャンGPの延期を発表。これで2020年のF1世界選手権で延期・中止となったグランプリは8戦となった。

F1ボスのチェイス・キャリーは、レースが“夏のどこかの時点”で再開することを期待していると語っている

しかし、この混乱により、F1とFIA(国際自動車連盟)は2020年のF1カレンダーを再構築することを余儀なくされている。延期されたすべてのレースが新しいスケジュールでスロットを見つけるとは限らないが、今年後半には3連戦、さらには4連戦が組み込まれると考えられている。

ピエール・ガスリーは、予期せぬ中断を利用して体力を維持するだけでなく、今年後半にドライバーが直面するプログラムに備えて筋肉と持久力を構築している。

「オーストラリアに到着したとき、時差ぼけがほとんどゼロだったので、とても気分が良かった。でも、彼らがレースをしないと発表したときは残念だった」とピエール・ガスリーは AFPに語った。

「とても興奮していたからね。チームと冬の間ずっとフィジカル面の準備をしていた。当時はレースをしないことに少しイライラしていた。それが僕がやりたいことであり、モチベーションとなっていることだからね」

「でも、状況を見れば、スポーツやその他のイベントを延期することを避ける方法はない」

ピエール・ガスリーは、メルボルンのキャンセル後にフランスに戻るのではなく、フィジカルトレーナーとともに、太陽の下でエネルギッシュな2週間のトレーニングのためにドバイに向かった。

「我々は今後数週間の計画を立てており、通常よりもさらに多くのことをしている」とピエール・ガスリーはコメント。

「過去10年間、シーズンが再開する前にフィジカル面の準備をするために2か月もあったことはない」

「すでに大体の準備はできていると感じていた。冬の間は本当にうまく働いていた。でも、さらに2か月の準備を追加されたので、シーズンが始まるときに身体的にさらに強くなるチャンスだ」

現時点では、シーズン開幕戦は6月上旬のF1アゼルバイジャンGPだが、これも変更される可能性があり、2020年のシーズンは、17~18戦ほどになる可能性がある

「1レースあたり2~3㎏を失うし、フライトを手に入れるのは大変だ」とピエール・ガスリーは語る。

「レースの週末には激しい動きがありる。朝から夕方まで止まることはない」

「でも、レースが3~4戦連続で行われる場合、最高の状態で準備し、回復にさらに注意を払い、毎回100%の能力を維持するのは僕たちの責任だ」

数人のF1ドライバーとは異なり、ピエール・ガスリーは、今後数週間から数か月にわたって展開されるF1 Esports Virtual Grand Prixには参加しない。しかし、近い将来、シミュレーターで仕事をすることになるだろう。

シムレースについてピエール・ガスリーは「家ではいつもやっている。大好きだね」とコメント。

「でも、ドバイにはシミュレーターはない。プレイステーションだけだ。だから、F1以外のゲームをプレイしている」

「ここはヨーロッパほど検疫は厳しくないけど、それでもホテルに滞在する必要がある。都市とプールは避けているし、リスクはまったくない」

「1日2時間運動している。ジムは実際には閉鎖されているけど、プロのアスリートとして許可されている。それは素晴らしい特権だ。外で走ったりもしている」

「これほど良い状態になったことはない! フィジカルに取り組むためにこれほど多くの時間を費やしたことはない」

ピエール・ガスリーは、パンデミックにひどい打撃を受けたヨーロッパ圏外にいることに安心していると語る。

「フランスでは、両親と一緒に住んでいる。両親は若いけど、リスクにさらしたくない。僕のパートナーはボローニャで閉じ込められている。誰にとっても非常に難しいし、みんなが家に閉じ込められている」

「幸いなことに、Skype、Facetimeで愛する人たちと連絡を取り合うことができる。状況がそれを必要とする場合、少なくとも2週間またはそれ以上ここに滞在しているつもりだ」

「僕は元気だ。テレビやNetflix、コンソールがある。シャルル・ルクレールとオンラインでサッカー、バスケットボール、コール・オブ・デューティをやっている。彼はモナコにいるけど、一緒にチームを結成したんだ」

最後に、バーチャルレースが待機状態のレーシングドライバーにとって役に立つかと質問されたピエール・ガスリーは「このレベルでは役には立たないと思う」とコメント。

「戻ってそれを行う時もあるけど、マシンに戻ったときには何の違いもない。F1チームのシミュレーターの方が現実にさらに近いし、それがドライバーとして学ぶのに最も適していると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / トロロッソ / アルファタウリ