ブルーノ・セナのスポンサー 「セナはウィリアムズでレースをする」

2012年1月9日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、2012年にウィリアムズでレースをすると彼の支援者のひとりが述べている。

そう語るのは持株会社EBXを率いるブラジルの億万長者エイケ・バチスタ。彼は、ブルーノ・セナが昨シーズン中盤にロータス・ルノーGPのニック・ハイドフェルドのレースシートを買収するのを手助けした人物だ。

昨年、ブルーノ・セナの加入が発表された直後、ロータス・ルノーGPは石油および天然ガス会社である「OGX」との契約を発表。

ブルーノ・セナ、ウィリアムズの噂を否定

2012年1月6日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、ウィリアムズにタイトルスポンサーを持ち込むとの噂を否定。F1での将来はまだわからないと述べた。

2011年シーズン後半にロータス・ルノーGPでレースをしたブルーノ・セナだが、チームは2012年にキミ・ライコネンとロマン・グロージャンを起用することを決定した。

ウィリアムズはまだパストール・マルドナドの起用しか発表しておらず、ブルーノ・セナは2つ目のシート候補に挙げられている。

ウィリアムズ、エンブラテルとタイトルスポンサー契約か

2012年1月5日
エンブラテル
ブルーノ・セナが、ウィリアムズに新たなタイトルスポンサーをもたらす可能性があると報じられている。

ウィリアムズの広報は、2007年からタイトルスポンサーを務めてきたアメリカの通信事業会社AT&Tとの契約が終了したことを認めた。

「双方の合意により、パートナーシップは終結に達し、契約は12月31日で終了しました」とウィリアムズの広報は述べた。

ブルーノ・セナ 「ルノーでのF1復帰を後悔してはいない」

2011年12月24日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、ロータスの2012年のシート獲得に失敗したに関わらず、2011年後半の8レースに出場したことを後悔してはないと述べた。

ブルーノ・セナは、予選で4度トップ10入りし、イタリアGPでは初ポイントとなる9位入賞を果たしてポテンシャルを示した。

しかし、ブルーノ・セナは一貫してそのようなパフォーマンスを示すことはできず、ロータスは、2012年のドライバーとしてキミ・ライコネンとロマン・グロージャンの起用を決定した。

ブルーノ・セナ、ウィリアムズのファクトリーを訪問

2011年12月22日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナが、ウィリアムズのファクトリーを訪問していたと Globo Esporte が報じている。

ロータス・ルノーGPのサードドライバーとして2011年シーズンをスタートしたブルーノー・セナは、シーズン途中からニック・ハイドフェルドの後任としてレース参戦。

しかし、チームはキミ・ライコネンとロマン・グロージャンを起用したことで、2012年のレースシートを失った。

ブルーノ・セナ、NASCAR転向も視野

2011年12月19日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、来年のF1シートを獲得できない場合は、NASCARへの転向も検討していると述べた。

ロータスは、2012年のレースドライバーとしてキミ・ライコネンとロマンン・グロージャンを起用することを発表。ブルーノ・セナはシートを失った。

ブルーノ・セナは、どこかのチームとレース契約を結ぶことができない場合は、金曜フリー走行に出場できるのであればリザーブドライバーの役割も受け入れるつもりだと述べていた。

ブルーノ・セナ 「金曜日に走れるならサードドライバーもあり」

2011年12月14日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、2012年にロータス・ルノーGPでサードドライバーとしてF1に残るつもりがあると述べた。

2011年途中にニック・ハイドフェルドに代わってロータス・ルノーGPでレースに出場したブルーノ・セナだが、チームは2012年としてキミ・ライコネンとロマン・グロジャンと契約。ブルーノ・セナはレースシートを失った。

ブルーノ・セナ、シート喪失も2012年に前向き

2011年12月11日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、ロータス・ルノーGPのシートを失ったにも関わらず、2012年シーズンを前向きに捉えている。

ブルーノ・セナは、2011年シーズン途中にニック・ハイドフェルドの後任としてロータス・ルノーGPで後半8レースに出場。

しかし、ロータス・ルノーGPは2012年のドライバーとしてキミ・ライコネンとロマン・グロージャンの起用を発表。ブルーノ・セナはシートを失った。

ブルーノ・セナ:F1ブラジルGPプレビュー

2011年11月20日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナが、2011年最終戦F1ブラジルGPへの意気込みを語った。

アブダビでの期待外れな週末からどのように立ち直りましたか?
まぁ、忘れ去るだけだよ。実際、とても不甲斐ない週末だったと認めなければならない。ある意味では苦戦を強いられることはわかっていた。ヤス・マリーナ・サーキットはずっとR31が苦戦するであろうサーキットだった。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム