ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナが、2011年最終戦F1ブラジルGPへの意気込みを語った。

アブダビでの期待外れな週末からどのように立ち直りましたか?
まぁ、忘れ去るだけだよ。実際、とても不甲斐ない週末だったと認めなければならない。ある意味では苦戦を強いられることはわかっていた。ヤス・マリーナ・サーキットはずっとR31が苦戦するであろうサーキットだった。

レースでは、KERSの故障、ドライブスルーペナルティに苦しんだし、全体的にマシンは完璧ではなかった。戦略的にギャンブルをしたけど成果は挙がらなかった。アブダビでの全体的な僕のペースはできる限りのものだったと思う。ブラジルにむけて、僕たちはもっと良いレース週末にするためにベースラインを改善させる必要がある。

では、ブラジルに目を向けましょう。シーズン最終戦だけでなく、あなたのホームレースでもありますね...
母国でのレースにはとても興奮している。実際、すべてに備えるためにアブダビからブラジルに直行した。サーキットのタイプによってまた僕たちにとって難しいレースになるだろう。クラシックなトラックだし、ホームレースなのでさらに特別なものになるだろうけど、トラックのミドルセクションにはいくつか長い低速コーナーもある。あそこで成功するためのチャンスを得るためには完全な準備をしなければならない。ひとつ確かなことは、みんながシーズン最終戦だということと、それをどのように行えばいいかを覚えているということだ。僕たちの2012年に多くの人が長い間お思ってくれていると思うので、ポジティブな結果でシーズンを終えたい。

ブラジルに直行したと言いましたが、ホームレースでどれくらい多くの追加の取り組みがありますか?
中東からブラジルに直行で向かった。レース週の間は多くのことがある。レース週末にむえてPRやスポンサー活動がある。それらは通常のレース週末の付加的なことだけど、ほとんどが木曜日前に行われるので、他のトラックと同じようにレース準備に集中していくことができる。確かにファンの存在もある。素晴らしい応援を受けることになると思うし、それはチームのために良い結果を目指す僕にとって間違いなく助けになるだろう。

ファンについてもう少し話していただきたいです。あなたはブラジルのファンは言うまでもなく、全体的にF1ファンと非常に特別な関係がありますよね。
そうだね、あそこのファンは素晴らしい。去年、彼らはたくさんのケア、情熱を僕に与えてくれることを知ったし、ブラックとゴールドのカラーリングで誇りに思ってくるような結果を出してお返ししたい。グリッド上のブラジルドライバーのために旗が振られるだろうし、それは非常にうs場らしい感覚だ。

全体的にシーズンを見れば、あなたにとって良い前進だったと思います...
そうだね。僕は学んでいるし、改善し、マシンの最大限を引き出すためにエンジニアと働いている。僕たちはいくつか異なる戦略に取り組んできたけど、成果を挙げないものもあった。他のチームは僕たちが得られなかった前進を得ているし、僕たちは結果においてその代償を払った。それも全て学習曲線の一部だし、僕たちは前進するために学んだことを生かせると確信している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブルーノ・セナ / ルノー / F1ブラジルGP