ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナが、F1日本GPへの意気込み、鈴鹿サーキットの印象を語った。

シンガポールでの週末をどのように考えていますか?
個人的にはかなりポジティブな週末だった。学習曲線のこの時期にいかなるミスも排除できたのはポジティブなことだ。エンジニアと完全なプログラムに非常にうまく取り組むことができたし、彼らとの作業はどんどん良くなってきている。

マリーナ・ベイ・サーキットは、R31にとって楽なトラックではなかったけど、それでもマシンとの関係を改善させることができたし、僕たちの進んでいる方向を感じることができた。チームとマシンにより融合できているし、次のレースを楽しみできる快適さを得ることができた。

3レースを経験してみて、もう他のドライバーと同じラインにいると感じていますか?
まだだね。彼ら(他のドライバー)は僕よりも多くレースをしているので、まだ優勢なのは疑う余地のないことだ。これまで、非常に異なる状況のなか、3つの非常に異なるサーキットを走ってきた。鈴鹿も経験が限られている伝統的なサーキットだ。学んでいるところだし、グリッドのタのドライバーに追いつこうとしているけど、彼らには僕よりもかなり多くの経験があるし、タイヤについての知識もある。

鈴鹿で開催される日本GPは、お気に入りのサーキットのひとつですよね...
あなたの言うとおり、お気に入りのサーキットだ。高速コーナーと中速コーナーがブレンドされていて、とても刺激的なトラックだ。始まりからほとんど変わっていない由諸あるトラックだ。あそこで走るのを本当に楽しみにしているし、チームのために僕の名前をポイント表に戻せると確信している。

サーキットはシンガポールよりもマシンに合っていると思いますか?
そうだね、そうだと確信しているよ。シンガポールの低速特性は、僕たちにとってパフォーマンス面であまり適したサーキットではなかった。それによって損なわれてしまったけど、鈴鹿のために計画しているアップデートによって力強いパフォーマンスを発揮できるはずだし、再び2台がポイントを獲得できることを期待している。それが僕たちがいるべき場所だ。

シーズンの最終段階に来ていますが、どのような期待をしていますか?
僕の主な目標はより多くのポイントを獲得することだ。僕たちがマシンのいろんな部分にもう少し加えることができれば、助けになると思う。僕たちの後ろにいるチーム、特にフォース・インディアの前に留まっている必要がある。4位のメルセデスGPとのギャップを縮められれば、チームにとって本当に後押しになるけど、一番は5位のポジションを維持して、ライバルを寄せ付けないようにしておくことだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブルーノ・セナ / ルノー / F1日本GP