ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナの母親ビビアンヌは、息子が来季もロータス・ルノーGPに残留するために交渉していることを明らかにした。

公式には、ブルーノ・セナと現在のチームメイトであるヴィタリー・ペトロフ、ロマン・グロージャン、そしてロバート・クビサが2012年の2つのレースシートを獲得する可能性がある。

しかし、チーム代表のエリック・ブーリエは2012年シーズン序盤にロバート・クビサが復帰することはないことを示唆しており、またヴィタリー・ペトロフは契約違反を覚悟でチームを批判している。

「どんなことだって起こりえる世界だし、彼らが誰かを排除したい場合、逆らうのは難しい」とヴィタリー・ペトロフはロシアのテレビ局 Rossiya 2 に述べた。

そのため、今シーズン中盤にニック・ハイドフェルドと交代してから苦戦を強いられているブルーノ・セナではあるが、GP2チャンピオンであるロマン・グロージャンとともに有力候補とみられている。

「初レースでブルーノはマシンをまったくわかっていませんでした」とアイルトン・セナの姉であり、ブルーノ・セナの母親であるビビアンヌは スポーツ番組 Linha de Chegada に述べた。

「F1にはテストがありませんし、彼にとって新しいマシンだったので、それについて学んでいました。ブルーノはかろうじて始めたのです」

ビビアンヌ・セナは、ブルーノ・セナが2012年についてルノーと交渉していることを明らかにした。

「私たちはすでにチームと契約交渉をしています。ブルーノは、わずかな経験ですでにでみなさんの予想を越えています」

「チームは彼に満足しています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブルーノ・セナ / ルノー