ミハエル・シューマッハの2020年04月のF1情報を一覧表示します。

ミハエル・シューマッハはF1マシンに乗ると豹変した / F1見聞録

2020年4月26日
ミハエル・シューマッハはF1マシンに乗ると豹変した / F1見聞録
元F1ドライバーのニック・ハイドフェルドは、ミハエル・シューマッハは普段は非常に心の温かい人間だが、F1マシンに乗ると一転して非常に攻撃的で時に不誠実だったと語る。

ミハエル・シューマッハは、7回のF1ワールドチャンピオン、91勝を挙げたF1史上最も成功したF1ドライバーだ。そがそのキャリアでは論争の的となった多数のインシデントやスキャンダルがあった。

「ミハエル・シューマッハのメルセデスでのF1復帰は失敗」と元マネージャー

2020年4月23日
「ミハエル・シューマッハのメルセデスでのF1復帰は失敗」と元マネージャー
ミハエル・シューマッハの元マネージャーであるウィリー・ウェバーは、ミハエル・シューマッハのメルセデスのF1復帰は“失敗”だったと語り、その理由として新世代のF1マシンに対応できなかったことを挙げた。

ミハエル・シューマッハにとって、フェラーリとの2006年のF1ブラジルGPは最後のF1レースになると考えられていた。しかし、2010年にワークス参戦したメルセデスでF1復帰。3シーズンを過ごし、9位、8位、13位と結果を残せずに2度目のF1引退をした。

元F1デザイナーが語るミハエル・シューマッハが必要としたマシン特性

2020年4月21日
元F1デザイナーが語るミハエル・シューマッハが必要としたマシン特性
ミハエル・シューマッハはフェラーリで黄金時代を築き上げたが、元F1デザイナーのジョン・バーナードは、シューマッハとの関係はスムーズに始まらなかったと語る。

ミハエル・シューマッハが1996年にフェラーリに加入したとき、ジョン・バーナードはすでにナイジェル・マンセルやアラン・プロストといった有名ドライバーと仕事をしていた。

F1見聞録:ミハエル・シューマッハの評価を分けるセカンドドライバー条項

2020年4月19日
F1見聞録:ミハエル・シューマッハの評価を分けるセカンドドライバー条項
ミハエル・シューマッハは、契約にチームメイトが“セカンドドライバー”に徹するという条項さえ主張しなければ、史上最高のF1ドライバーだったと元F1チーム代表のエディ・ジョーダンは語る。

今年、F1世界選手権が再開されれば、ミハエル・シューマッハの7回のF1ワールドチャンピオンという史上最多記録に現役チャンピオンのルイス・ハミルトンが並ぼうとしている。

F1:シャルル・ルクレール 「ミハエル・シューマッハがヒーローだった」

2020年4月19日
F1:シャルル・ルクレール 「ミハエル・シューマッハがヒーローだった」
シャルル・ルクレールは、フェラーリのF1ドライバーまでの道のりのなかでミハエル・シューマッハが自分のヒーローだったと語る。

2015年にフェラーリ・ドライバー・アカデミーに参加したシャルル・ルクレールは、2016年にGP3、2017年にF2を圧倒的な強さで制し、2018年にザウバーでF1デビュー。2019年にキミ・ライコネンの後任として跳ね馬以上2番目に若いドライバーとしてフェラーリに加入した。

元F1デザイナー、ミハエル・シューマッハのメルセデスでの“失敗”を説明

2020年4月17日
元F1デザイナー、ミハエル・シューマッハのメルセデスでの“失敗”を説明
元F1デザイバーのジョン・バーナードが、メルセデスでF1復帰した際のミハエル・シューマッハの“失敗”を説明した。

ジョン・バーナードは、マクラーレンのカーボンシャーシとフェラーリのセミオートマティック・ギアボックスでF1で名声を博しました。彼はまた、ミハエル・シューマッハと一緒に仕事をしていた。

F1回顧録:クルサードがシューマッハのヘルメットで戦ったモナコGP

2020年4月15日
F1回顧録:クルサードがシューマッハのヘルメットで戦ったモナコGP
1996年のF1モナコGPは奇妙な光景が見られた。デビッド・クルサードがミハエル・シューマッハのヘルメットを装着して雨のモンテカルロを走行したえ。

当時、マクラーレンのF1ドライバーだったデビッド・クルサードは、ヘルメットの曇りに苦戦していた。濡れたモナコでは防曇ヘルメットが必要だった。

F1見聞録:アイルトン・セナはシューマッハが脅威になると理解していた

2020年4月14日
F1見聞録:アイルトン・セナはシューマッハが脅威になると理解していた
元F1チーム代表のフラビオ・ブリアトーレは、アイルトン・セナは早くからミハエル・シューマッハが特別なものを持っていることに気づき、心理戦を仕掛けていたと明かす。

1991年にメルセデスが用意した持参金でジョーダンから第11戦ベルギーGPでF1デビューを果たしたミハエル・シューマッハは予選7番手に入り、決勝では0周リタイアに終わったものの、F1関係者に強い印象を与えた。

F1見聞録:セバスチャン・ベッテルに見たシューマッハ並みのプロ意識

2020年4月9日
F1見聞録:セバスチャン・ベッテルに見たシューマッハ並みのプロ意識
元BMWのF1チーム代表マリオ・タイセンが、4度のF1ワールドチャンピオンとなったセバスチャン・ベッテルのキャリア初期段階での仕事について振り返った。

マリオ・タイセンは、2007年のF1カナダGPで大クラッシュを喫したロバート・クビサの代役として、F1アメリカGPでセバスチャン・ベッテルをBMWザウバーからF1デビューさせた。8位入賞を果たしたベッテルは当時のF1史上最年少入賞記録を樹立している。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム