「ミハエル・シューマッハのメルセデスでのF1復帰は失敗」と元マネージャー
ミハエル・シューマッハの元マネージャーであるウィリー・ウェバーは、ミハエル・シューマッハのメルセデスのF1復帰は“失敗”だったと語り、その理由として新世代のF1マシンに対応できなかったことを挙げた。

ミハエル・シューマッハにとって、フェラーリとの2006年のF1ブラジルGPは最後のF1レースになると考えられていた。しかし、2010年にワークス参戦したメルセデスでF1復帰。3シーズンを過ごし、9位、8位、13位と結果を残せずに2度目のF1引退をした。

以前にフェラーリでミハエル・シューマッハと仕事をしていた伝説のデザイナーであるジョン・バーナードは、ニコ・ロズベルグが安定したリアを備えたマシンを好んだのに対し、シューマッハは軽量のリアエンドのオーバーステアのマシンで強引に加速を踏むドライビングスタイルに難点があったと語っている。

ウィリー・ウェバーは、ジョン・バーナードの見解について完全に同意。ミハエル・シューマッハがメルセデスで失敗した理由について自らの見解を語った。

「私も100%同じように見ていている」とウィリー・ウェバーは Kolner Express に語った。

「ミハエルには彼のスタイル用の特別なマシンセットアップがあったが、メルセデスではそれを得られなかった」

「新しいマシンは異なる方向に発展してした。そして、ミハエルはベネトンとフェラーリでそうであったほどテクノロジーに影響を与えることができなかった」

「それは事実だ。ロス(ブラウン)は2009年以降マシンをあまり改善できなかった。ロズベルグは急に速くなったが、ミハエルはそれを埋められなかった。ミハエルはこれまでと同じ能力があったが、異なるテクノロジーとドライバー世代だった」

「ミハエルのメルセデスでのF1復帰は失敗だった。私に耳を傾けさえしていれば・・・」

「彼はすべてを試し、ロズベルグと一緒にマシンを速くした。それでメルセデスは何度もワールドチャンピオンになることができた。しかし、それでも復帰は不必要だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミハエル・シューマッハ / メルセデス