ルノー
ルノーのチーム代表であるエリック・ブーリエは、マレーシアGPでルイス・ハミルトンがヴィタリー・ペトロフの攻撃を避けるために行った進路変更はレギュレーション違反だと考えている。

ハミルトンは、ヴィタリー・ペトロフとポジションを争っており、ペトロフを追い越したあとカウンター攻撃を防ぐために何度も進路変更を行った。

その行為は、ポジションを守るための進路変更は一度しかしてはならないという非公式のドライバーコードを破ったとして非難の声があがっている。

エリック・ブーリエは、レースコントロールにハミルトンの行為について不満をいったが、FIAはハミルトンのスポーツ精神に反する行為にブラッグフラッグを降るべきだったと感じている。

「我々は我々の見解を提起した。率直に言えば、1度の進路変更ができるということがレギュレーションで明白になっているので、続けて3回も行うのは間違っている」

「彼は危険なドライビングだと警告を受けたが、私は十分だったとは思わない。1回以上の進路変更はできないとレギュレーションに明白に書かれているし、やるべきではないことだ」

結局ハミルトンには警告が与えられただけだったが、エリック・ブーリエはルノーがFIAにさらなる問題を追求するつもりはないと語る。

「いいや。警告はもう一度やったら、ペナルティを科すと言っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | ルイス・ハミルトン