レッドブルの2022年07月のF1情報を一覧表示します。

レッドブルF1首脳 「通常の天候でフェラーリに勝つのは難しい」

2022年7月31日
レッドブルF1首脳 「通常の天候でフェラーリに勝つのは難しい」 / F1ハンガリーGP
レッドブル・レーシングは、今週末のF1ハンガリーGPでチャンピオンシップのライバルであるフェラーリに遅れをとっていることを受け入れている。

予め、タイトでツイスティなハンガロリンク・サーキットが、2022年のフェェラーリの空力の強みに適していることは分かっていた。しかし、金曜日にギャップの範囲が明らかになったとき、ヘルムート・マルコ博士は、F1ハンガリーGPが「赤い力のデモンストレーション」になるだろうと予測した.

レッドブルF1首脳、ペレスのパフォーマンスに不満「もう夏休みモード」

2022年7月31日
レッドブルF1首脳、ペレスのパフォーマンスに不満「もう夏休みモード」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスのF1ハンガリーGPの週末のパフォーマンスを「夏休みモード」に入っていると批判した。

セルジオ・ペレスは、F1ハンガリーGPの予選でQ2を突破できなかった。1回目のアタックで記録した1分18秒516がターン5のトラックリミット超過で抹消され、15番手に落ちる。このペナルティは厳すぎたように思え、見直しのあとスチュワードはこのラップタイムを承認したが、それでも9番手止まりだった。

レッドブルF1代表 「期待外れの予選となったがハードにプッシュしていく」

2022年7月31日
レッドブルF1代表 「期待外れの予選となったがハードにプッシュしていく」 / ハンガリーグランプリ 予選
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの予選を振り返った。

レッドブル・レーシングにとっては厳しい予選となった。マックス・フェルスタッペンは、テクニカルトラブルで最終アタックを阻まれて10番手、セルジオ・ペレスは度重なる不運に見舞われて11番手に終わった。

マックス・フェルスタッペン 「何か起こったのか明確には把握できていない」

2022年7月31日
マックス・フェルスタッペン 「何か起こったのか明確には把握できていない」 / レッドブル・レーシング F1ハンガリーGP 予選
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの予選を10番手で終えた。

マックス・フェルスタッペンは、最初のアタックのターン2でタイヤをロックアップ。「フロントエンドのグリップがなくなった」と訴えるなかで1分18秒823でコントロールラインを越えるが、サインツの暫定トップタイムには1.3秒及ばず、この時点で7番手に沈む。

マックス・フェルスタッペン、ベッテルのF1引退は「完全に理解できる」

2022年7月30日
マックス・フェルスタッペン、ベッテルのF1引退は「完全に理解できる」
マックス・フェルスタッペンは、セバスチャン・ベッテルが輝かしいF1キャリアをこの時点で引退するという選択をしたことを「完全に理解できる」と語る。

F1が引退に追いやるのではなく、セバスチャン・ベッテルは、アストンマーティンF1チームが3シーズン目の残留を説得していた段階で自らF1引退を決意した。

セルジオ・ペレス 「良いアイディアを得て理解を進められた」

2022年7月30日
セルジオ・ペレス 「良いアイディアを得て理解を進められた」 / レッドブル・レーシング F1ハンガリーGP 金曜フリー走行
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの金曜フリー走行を9番手で終えた。

「今日はマシンを快適に感じるために色々と試したけれど、良いアイディアを得て理解を進められたと思うので、明日は今日の学びを示せることを願っている」とセルジオ・ペレスはコメント。

レッドブルF1代表、ポルシェの噂に言及「建設的な話し合いをしている」

2022年7月30日
レッドブルF1代表、ポルシェの噂に言及「建設的な話し合いをしている」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、レッドブルとポルシェのF1パートナーシップの可能性に関する最近の噂について語った。

今週初め、ポルシェが2026年にエンジンメーカーとしてF1に参入し、レッドブル・レーシングに供給することがモロッコ政府の反カルテル当局の文書で明らかにされた。また、文書ではポルシェがミルトン・キーンズを拠点とするチームの50%の株式を取得すると記されていた。

マックス・フェルスタッペン 「フェラーリ勢は速い。ドライなら苦戦」

2022年7月30日
マックス・フェルスタッペン 「フェラーリ勢は速い。ドライなら苦戦」 / レッドブル・レーシング F1ハンガリーGP 金曜フリー走行
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの金曜フリー走行を4番手で終えた。

新品ソフトでのアタックで、1分18秒728をマークしたマックス・フェルスタッペンは、フェラーリ勢2台とランド・ノリス(マクラーレン)に次ぐ4番手だった。最終のスティントでは、ユーズドのミディアムタイヤを使用してさらなるレースシミュレーション周回を重ねて合計26周でセッションを終えた。

フェルスタッペン 「フェラーリはF1ハンガリーGPでスーパーストロング」

2022年7月29日
マックス・フェルスタッペン 「フェラーリはF1ハンガリーGPでスーパーストロング」
マックス・フェルスタッペンは、F1ハンガリーGPが開催されるハンガロリングのツイスティなレイアウトではフェラーリが“スーパーストロング”だと予想しており、レッドブル・レーシングにとっては厳しい週末になると考えている。

通常、レッドブル RB18は、最適化されたグラウンドエフェクト効果の空力に対応した高速コーナーで機能する。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム