マックス・フェルスタッペン、ベッテルのF1引退は「完全に理解できる」
マックス・フェルスタッペンは、セバスチャン・ベッテルが輝かしいF1キャリアをこの時点で引退するという選択をしたことを「完全に理解できる」と語る。

F1が引退に追いやるのではなく、セバスチャン・ベッテルは、アストンマーティンF1チームが3シーズン目の残留を説得していた段階で自らF1引退を決意した。

4回のF1ワールドチャンピオン、53勝を挙げているセバスチャン・ベッテルは、11月の最終戦アブダビGPまでにその合計を増やすための10回のレースがあるが、その見通しはありそうにない。

セバスチャン・ベッテルは、F1史上で最も成功したドライバーの一人としてリタイアする。現役F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、ベッテルのF1引退のタイミングについて責めることはできないと語る。

「結局のところ、彼はこのスポーツで多くのことを成し遂げたので、引退することは完全に理解できる」とマックス・フェルスタッペンはF1ハンガリーGPの記者会見で語った。

「彼は素晴らしいキャリアを築いたと思う。多くのレース、そして、多くのチャンピオンシップにも勝った」

「そして、もちろん、彼はこのスポーツの素晴らしいアンバサダーだと思う。彼が登場したということは、去ることを見ることでもある。誰もが年齢を重ねていくものだし、それが何であれ、引退する。もちろん、その瞬間が到来したとき、特にセブのファンにとっては決していいことではない。でも、このようなことは起こる」

「今は、彼が家族と一緒に人生を楽しむことができるようになることが重要だと思う。なぜなら、誰もが人生の期間は非常に短いし、彼が達成したようなすべてを達成するために一生懸命働いている。さあ、楽しむ時間だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル