レッドブルF1代表、ポルシェの噂に言及「建設的な話し合いをしている」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、レッドブルとポルシェのF1パートナーシップの可能性に関する最近の噂について語った。

今週初め、ポルシェが2026年にエンジンメーカーとしてF1に参入し、レッドブル・レーシングに供給することがモロッコ政府の反カルテル当局の文書で明らかにされた。また、文書ではポルシェがミルトン・キーンズを拠点とするチームの50%の株式を取得すると記されていた。

ハンガリーで開催された Sky F1 の取材に対し、クリスチャン・ホーナーは、ポルシェがF1に参入することは、グリッドへのポジティブな追加になるだろうと語った。

「確かに多くの憶測が飛び交っているし、ポルシェと建設的な話し合いをしていると何度も言ってきたと思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「ポルシェがF1に参入することは、本当にポジティブなことだと思う。しかし、それには非常に多くの注意事項があり、整理する必要があるレギュレーションがある」

「我々は、議論を開始できるプロセスのほんの始まりに過ぎない。しかし、新しいメーカーにとって実際の最初のハードルは、2026年以降のパワーユニットの技術レギュレーションだ」

「我々は素晴らしいポジションにいると思うし、チームは非常に強い。レッドブル・パワートレインズはますます強力になっている」

「我々はさらに素晴らしい才能を何人か採用し、さらにいくつかの発表が間もなく行われる、チームに重要な採用が行われた」

「我々にとって旅の途中にあり、それが将来我々をどこへ連れて行くのか、我々がパートナーを引き受けることに決めるかどうかは、時間だけが教えてくれる」

「我々は素晴らしい状態にあり、それらの新しいレギュレーションが、競技、技術、そして、最も重要なことに財政的なベースでどのようなことを語るのかを本当に楽しみにしている」

現在、ポルシェの参入が最も可能性が高いように思われるが、フォルクスワーゲン・グループは、アウディも2番目のブランドとしてF1に追加することを検討していると理解されている.

しかし、クリスチャン・ホーナーは、グリッド上の既存の関係者からの投資に匹敵することができないことで、新しいメーカーがF1への参入から遠ざけるべきではないと警告した。

「ニューカマーとしてF1に参入すること、特にパワートレインの面で議論が続いている。競合他社からの数十年にわたる投資に匹敵する施設にたどり着くことができるグライドパスが必要だ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「我々は公平なプレイングフィールドでプレーできるようにしたい。

「それはポルシェにも当てはまるし、アウディにも当てはまるし、パワーユニットメーカーとして参入するという決断を下したレッドブルにも非常に当てはまる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ポルシェ