マックス・フェルスタッペン 「何か起こったのか明確には把握できていない」 / レッドブル・レーシング F1ハンガリーGP 予選
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの予選を10番手で終えた。

マックス・フェルスタッペンは、最初のアタックのターン2でタイヤをロックアップ。「フロントエンドのグリップがなくなった」と訴えるなかで1分18秒823でコントロールラインを越えるが、サインツの暫定トップタイムには1.3秒及ばず、この時点で7番手に沈む。

困難な状況は最終ランでさらに悪化する。アウトラップでターン2を旋回中、マックス・フェルスタッペンはパワーロスを報告し、ステアリングホイール上で様々な解決策を試みたが問題は解消せず、チェッカーフラッグが振られるまでにコントロールラインへ到達できなかった。この結果、マックス・フェルスタッペンは10番手で予選を終えた。

「何か起こったのか明確には把握できていない」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「ピットアウトするとマシンに出力もパワーもなく、復旧させることができなかった。コース上ですべてを試してみたけれど、これからチームと話し合うつもりだ。修正できることを願っている。実にポジティブな内容の予選だったので10番グリッドからのスタートは不満が残る。競争力は高く、ペースも良かった」

「ポイントではわずかに優位だけれど、レースでは常に上位からスタートしたい。このサーキットはオーバーテイクが困難で、トラフィックを抜けるのも難しいので、我慢が必要になる。明日は間違いなく面白いレースになるはずだ」

マックス・フェルスタッペン レッドブル・レーシング F1 ハンガリーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1ハンガリーGP