レッドブルの2022年05月のF1情報を一覧表示します。

セルジオ・ペレス、レッドブルF1との契約を2024年まで延長!

2022年5月31日
セルジオ・ペレス、レッドブルF1との契約を2024年まで延長!
レッドブル・レーシングは、セルジオ・ペレスと現在の契約を2年間延長して2024年までチームに残留することを発表した。

2021年にレッドブル・レーシングに加入したセルジオ・ペレスは、F1で最も成功したシーズンを享受した。F1アゼルバイジャンGPでの優勝を含めた4回の表彰台フィニッシュによって190ポイントを獲得し、ドライバーズランキング4位でシーズンを終えた。

レッドブルF1代表 「セルジオ・ペレスはタイトル争いに参加している」

2022年5月31日
レッドブルF1代表 「セルジオ・ペレスはタイトル争いに参加している」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、モナコグランプリで優勝したセルジオ・ペレスが、マックス・フェルスタッペンとともにタイトル争いに参加していると語った。

セルジオ・ペレスは、モナコのレースウィークエンドを通して素晴らしい状態にあり、定期的にレッドブル・レーシングのリードドライバーだった。ペレスはモナコで勝利するチェッカーフラッグまでそのパフォーマンスレベルを維持した。

レッドブルF1首脳 「モナコのダブル表彰台はフェラーリからのギフト」

2022年5月31日
レッドブルF1首脳 「モナコのダブル表彰台はフェラーリからのギフト」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、モナコでの勝利とダブル表彰台は“フェラーリからのギフト”だと語った。

シャルル・ルクレールは、モナコグランプリの初優勝に向けてレースをしているように見えた。5秒後方のチームメイトのカルロス・サインツJr.はレッドブル・レーシングのドライバーへのバッファーとして機能していた。

レッドブルF1代表 「素晴らしいチームワークでフェラーリを仕留めた」

2022年5月30日
レッドブルF1代表 「素晴らしいチームワークでフェラーリを仕留めた」 / モナコグランプリ 決勝
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2022年F1第7戦モナコグランプリの決勝レースを振り返った。

セルジオ・ペレスがリスキーなウェットコンディションやセーフティカー、グリップ低下したタイヤなどの悪条件を跳ねのけ、カルロス・サインツ(フェラーリ)を抑え切ってモナコGP初優勝を挙げた。

フェルスタッペン 「作戦が奏功してペレスが優勝したことが最大の収穫」

2022年5月30日
マックス・フェルスタッペン 「作戦が奏功してペレスが優勝したことが最大の収穫」 / レッドブル・レーシング F1モナコGP 決勝
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第7戦モナコグランプリの決勝レースで3位表彰台を獲得した。

4番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、そのままのポジションでレースを進めていたが、スクーデリア・フェラーリが2台同時にスリックタイヤに交換してすぐにレッドブル・レーシングはダブルピットストップを敢行。

セルジオ・ペレス 「モナコでの優勝は人生で何度も味わえるものではない」

2022年5月30日
セルジオ・ペレス 「モナコでの優勝は人生で何度も味わえるものではない」 / レッドブル・レーシング F1モナコGP 決勝
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第7戦モナコグランプリの決勝で優勝。自身F1キャリアでの3勝目を挙げた。

3番グリッドからスタートしたセルジオ・ペレスは、インターへの交換でシャルル・ルクレールをアンダーカット、スリックへの交換でカルロス・サインツをオーバーカットして首位に立つと、終盤はタイヤに苦しみながらもサインツの猛攻を抑え込み、うれしいモナコ初勝利を挙げた。

FIA、レッドブルF1の2台の黄色線交差に対するフェラーリの抗議を棄却

2022年5月30日
FIA、レッドブルF1の2台の黄色線交差に対するフェラーリの抗議を棄却 F1モナコGPのリザルトが確定
FIA(国際自動車連盟)は、モナコグランプリ決勝でレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがピットレーン出口の黄色線を交差してレギュレーションを違反した疑いがあるとのスクーデリア・フェラーリの抗議を棄却。ペレスの優勝、フェルスタッペンの3位が確定した。

2回の赤旗で混乱の展開となったモナコグランプリで、セルジオ・ペレスはカルロス・サインツJr.を抑えきってF1通算3勝目を挙げ、マックス・フェルスタッペンは3位表彰台を獲得した。

フェラーリ、レッドブルF1の2台の黄色線交差を抗議 / F1モナコGP 決勝

2022年5月30日
フェラーリ、レッドブルF1の2台の黄色線交差を抗議 / F1モナコGP 決勝
スクーデリア・フェラーリは、F1モナコGPの決勝後、レース中盤にレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがピットアウト時に黄色線を跨いだ疑いがあるとしてFIA(国際自動車連盟)に抗議を行った。

セルジオ・ペレスは、レッドブル・レーシングの大胆なオーバーカット戦略を生かして、スクーデリア・フェラーリのカルロス・サインツJr.に先んじてレースに勝利。ペレスにとって2022年シーズンの初勝利となる。

セルジオ・ペレス、感涙のF1モナコGP初優勝 「夢が叶った」

2022年5月30日
セルジオ・ペレス、感涙のF1モナコGP初優勝 「夢が叶った」
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、モナコグランプリでの優勝を「夢が叶った」と表現。最も成功したメキシコ人F1ドライバーとしなった。

ウェットでのスタートとなったレースで、セルジオ・ペレスがフェラーリとレッドブルの上位4台のなかで最も早くインターミディエイトに交換してルクレールをアンダーカットし、さらにフェラーリ勢がスリックタイヤに交換した翌周に反応してハードタイヤに交換してオーバーカットに成功してトップに立った。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 10 | 11 | 12 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム