ヴィタリー・ペトロフ、クラッシュの原因となったスーティルを非難

2011年5月31日
ヴィタリー・ペトロフ
F1モナコGPでクラッシュしたヴィタリー・ペトロフは、原因となったエイドリアン・スーティルの走りを非難した。

F1カナダGPの残り6周の時点で、ヴィタリー・ペトロフはスインミングプールでバリアにクラッシュ。骨折を心配していたペトロフだが検査の結果、異常がないことが確認された。

ヴィタリー・ペトロフ:F1モナコGPプレビュー

2011年5月25日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、F1モナコGPへの意気込みを語った。

バルセロナの週末では難しいレースを経験しましたね。そこでのイベントでは何が得られましたか?
確かに難しかったし、予選で獲得した力強いポジションを生かせなかったことには当然落ち込んだよ。レースにむけてさらに高いポジションになれる可能性もあったけど、予選では最後のラップのミドルセクターが弱かった。レース自体ではピットストップ後のある部分でうまく走ることができなかった。でも、その経験から学ぶことができたのは、もっと新品やフレッシュなタイヤを持っていた方が理想的だということだ。あそこではタイヤのデグラデーションが本当に要因になったし、それが日曜日の走行に影響したと思う。

ヴィタリー・ペトロフ:F1スペインGPプレビュー

2011年5月17日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、F1スペインGPへの意気込みを語った。

イスタンブールでは8位になり、チームのために貴重な4ポイントを獲得しましたね。
まずなにより、僕たち二人ともがレースをフィニッシュしたことが非常に重要だ。それができれば、タイヤや他の技術面においてより多くのデータや情報が得ることができる。僕たち二人ともがそれないの位置でフィニッシュして、チームのために多くのポイントを獲得できたこともいいことだ。その一方で、ミハエル(シューマッハ)との事故は少し残念だった。タイムとポイントが犠牲になってしまったからね。

ヴィタリー・ペトロフ:F1トルコGPプレビュー

2011年4月29日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、F1トルコGPへの意気込みを語った。

ヴィタリー、トルコGPはF1カレンダーでヨーロッパシーズンのスタートとなります。シーズン序盤はいかがでしたか?
今年、僕たちはマシン設計やイノベーションによって本当に前進しているし、とても強いと思っている。いくつか良いレースができたし、2つの表彰台を獲得した。不運もあったけど、それでも僕たちは強いままだ。僕たちにとって物事は良さそうに思える。これまでのパフォーマンスや結果には満足しているけど、集中して、同じレートで作業を続けていく必要がある。

ヴィタリー・ペトロフ、クラッシュによりシャシーを変更

2011年4月14日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、マレーシアGPでのクラッシュによりシャシーがダメージを負ったため、F1中国GPでは開幕戦で使用したシャシーに戻す。

ヴィタリー・ペトロフは、セパンのターン8でトラックに戻ろうとした際、大きなバンプにヒット。シャシーは損傷し、ファクトリーに送り返すことになった。

今週末のF1中国GPでは、シャシー#1を使用する予定であり、マレーシアGPで使用したシャシーはトルコGPで再び投入されるとみられている。

ヴィタリー・ペトロフ:F1中国GPプレビュー

2011年4月13日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、F1中国GPへの意気込みを語った。

ヴィタリー・ペトロフ (ロータス・ルノーGP)
「かなり面白いけど、簡単ではないサーキットだ。1コーナーがずっと続いていて難しい。好きなトラックではないけど、去年初ポイントを獲得しているのでもちろん良い思い出がある。マレーシアで見たように、タイヤをどのように予想すればいいかは実際にはわからないし、おそらくセパンのようにDRSが大きな影響を与えるだろうことも忘れてはいけない」

ヴィタリー・ペトロフ:F1マレーシアGPプレビュー

2011年4月5日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、F1マレーシアGPへの意気込みを語った。

ヴィタリー・ペトロフ (ロータス・ルノーGP)
「今、僕たちはライバルと比較した自分達のポジションをよりわかっているけど、本当の全体像を知るにはもう数レース待つ必要があると思う。レッドブルとマクラーレンが非常に強いこともわかっているけど、僕たちは彼らをハードにプッシュできると期待している」

ジェラルド・ロペス 「ペトロフの成功はスポンサーを惹きつける」

2011年4月1日
ヴィタリー・ペトロフ
ロータス・ルノーGPのオーナーであるジェラルド・ロペスは、ヴィタリー・ペトロフのトラック上での成功がロシアでより多くのスポンサーシップのチャンスを広げると確信している。

ロシア人ドライバーのヴィタリー・ペトロフは、開幕戦オーストラリアGPで初の表彰台を獲得した。

ジェラルド・ロペスは、ペトロフの成功がチームにより価値ある収益源を切り開いてくれることを期待している。

ロータス・ルノーGP代表 「ヴィタリー・ペトロフ残留は賭けだった」

2011年3月31日
ヴィタリー・ペトロフ
ロータス・ルノーGPのチーム代表エリック・ブーリエは、今シーズンのヴィタリー・ペトロフの残留がリスクを覚悟の決断であり、成果を挙げなかった場合は「弁解の余地がなかった」と述べた。

2010年、ヴィタリー・ペトロフはチームメイトのロバート・クビサの136ポイントに対して26ポイントと期待外れなシーズンを送ったが、最終戦アブダビGPで印象的なパフォーマンスをみせたことでシートを繋ぎとめた。
«Prev || ... 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム