レッドブル・ホンダ 「5位と8位は望んでいた結果ではない」 / F1カナダGP

2019年6月10日
F1 レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのF1チーム代表クリスチャン・ホーナーが、F1カナダGPの決勝レースを振り返った。

レッドブル・ホンダはピエール・ガスリーが5番グリッドかたソフトタイヤ、マックス・フェルスタッペンが9番グリッドからハードタイヤでスタート。大きな見せ場はなかったが、フェルスタッペンが5位、ガスリーが8位でレースを終えた。

【動画】 ペナルティの対象となったベッテルのコースオフ / F1カナダGP

2019年6月10日
F1 ベッテル カナダGP 動画
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1カナダGPの決勝で5秒加算ペナルティを科せられたことで2位に降格した。

ポールポジションからレースをリードしていたセバスチャン・ベッテルだったが、48周目にターン4でコースオフ。芝生を横切ってルイス・ハミルトンの前をキープした。

ホンダ | 2019年 F1カナダGP 決勝レポート

2019年6月10日
F1 ホンダF1 カナダGP
2019年 F1 第7戦 カナダGPは、厳しい戦いを強いられながらも、ホンダ PUを搭載する4台のマシンのうち、3台がポイントを獲得した。

レッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンが予選で不運にもQ2敗退を喫したことから、2台で異なる戦略を採用。予選でQ3へ進出し、5番手となったピエール・ガスリーが、Q2で使用したソフトタイヤでスタートする一方で、フェルスタッペンはハードタイヤを選択した。

セバスチャン・ベッテル、ペナルティに激怒…スチュワードに無言の抵抗

2019年6月10日
F1 セバスチャン・ベッテル カナダGP
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1カナダGPでの5秒加算ペナルティに怒りを露わにした。

ポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテルは終始レースをリード。しかし、48周目にターン4でコースオフ。芝生を横切ってルイス・ハミルトンの前をキープした。

2019年 F1カナダGP | 決勝 動画ハイライト

2019年6月10日
F1 カナダGP 2019年のF1世界選手権
2019年 F1カナダGP 決勝 ハイライト動画。2019年のF1世界選手権 第7戦 カナダGPの決勝が6月8日(土)にモントリオールのジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで行われた。

現地時間14時10分。気温28.6℃、路面温度51.4℃のドライコンディションで70周のレースはフォーメーションラップはスタート。スタートではポールポジションのセバスチャン・ベッテルがホールショットを奪い、ルイス・ハミルトン、シャルル・ルクールが続く。

フェラーリ、セバスチャン・ベッテルのペナルティを控訴の意向

2019年6月10日
F1 フェラーリ セバスチャン・ベッテル
フェラーリは、F1カナダGPでセバスチャン・ベッテルの勝利を奪うことになった5秒加算ペナルティを控訴する意向であることをスチュワードに提出した。

5秒ペナルティがスポーティングディギュレーションで覆るかどうかは不確実だが、フェラーリはモントリオールでスチュワードに対して最初のステップを開始したことを確認した。

ル・マン24時間 | トヨタ、前年度の優勝チームとして公開車検に登場

2019年6月10日
トヨタ ル・マン24時間レース
ル・マン24時間のレースウィーク幕開けとなる公開車検が、6月9日(日)と10日(月)にかけてル・マン市内、リパブリック広場の特設会場で行われた。

公開車検日初日となった9日(日)、日中は薄曇りで過ごしやすい気候。車検が行われるリパブリック広場には多くのファンの皆様が詰めかけた。TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは午後3時過ぎに車検場に登場。6名のドライバーが特設ステージに上り、昨年の優勝トロフィーと、優勝した8号車の3人の手形が押された記念プレートを前に、24時間レースへの抱負を語った。

インディカー | ホンダ 第9戦 テキサス 決勝レポート

2019年6月10日
ホンダ インディカー
テキサス州ダラス郊外のテキサス・モーター・スピードウェイで開催された2019年インディカーシリーズ第9戦は、Honda勢が順調なスタートを切って序盤からリードを保ち続けていった。

248周のレースの130周目を終えた時、Hondaドライバーたちがトップから7番手までを占めていた。しかし、このレースでHonda勢がビクトリーレーンにたどり着くことはできなかった。

ダニール・クビアト、10位入賞 「11番手でレースを終えたくなかった」

2019年6月10日
F1 ダニール・クビアト ホンダF1
ダニール・クビアトは、F1カナダGPの決勝で10位入賞を果たした。

ダニール・クビアトは、レース残り4周のターン1で、前方のカルロス・サインツ(マクラーレン)を見事なオーバーテイクで交わし、10位にポジションを上げてチームにポイントをもたらした。ミディアムタイヤでスタートしたクビアトだったが、12周目にハードタイヤへ交換。そこから安定したペースを刻み、入賞を果たした。
«Prev || ... 1026 · 1027 · 1028 · 1029 · 1030 · 1031 · 1032 · 1033 · 1034 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム