オスカー・ピアストリ 「アロンソ退団前にアルピーヌF1に決断を伝えていた」
オスカー・ピアストリは、2023年にマクラーレンでF1デビューを果たすことが決定。外側ではリラックスしていて魅力的だが、内部にはワールドクラスのF1ドライバーになることに焦点を当てた、自信に満ちた、才能のある、決断力のあるドライバー レーザーがいる。

アルピーヌF1チームがフェルナンド・アロンソの後任として2023年にオスカー・ピアストリがF1デビューを果たすと発表したとき、ピアストリは来年フランスのチームでドライブしないと答えた。

生涯の夢をかなえる機会を断ったのはなぜだろう。F1ではよくあることだが、それ以上のことがあった。

現在の F2 チャンピオンであるオスカー・ピアストリは、マクラーレンへの加入にすでに同意していたことがすぐに明らかになった。当時、アルピーヌには予見可能な将来のシートがないと感じていたからだ。

両チームがオスカー・ピアストリの権利を主張したため、契約承認委員会(CRB)の介入が必要となった。それはアルピーヌの要請によるものだと考えられています。9月2日(金)にCRBはピアストリと有効な契約を結んでいたのはマクラーレンであることを明らかにし、その後、彼がドライブすることが発表されました。

「ついに来年のマクラーレンドライバーとして発表されたことをうれしく思う。僕たちは今、この先の未来を楽しみにしている」とオスカー・ピアストリはコメント。

「僕はまだアルピーヌのリザーブであり、その任務を遂行できることに満足しているけど、チームの間で議論する必要がある。どなるか見ていくけど、来シーズン、マクラーレンとグリッドに加わることに非常に興奮していることは明らかだ」

アルピーヌの素晴らしい思い出、そしてマクラーレンの未来への興奮
オスカー・ピアストリは、2019年のフォーミュラ・ルノー ユーロカップのタイトルを獲得した後、2020年にアルピーヌ アカデミーに参加した。そのシーズン、彼は最初の試みでF3タイトルを獲得し、翌年にはF2タイトルを獲得してジョージ・ラッセルとシャルル・ルクレールの足跡をたどった。信じられないほどの上昇だった。

ここ数年、オスカー・ピアストリは旧型のF1マシンでの強力なテストプログラムを完了し、レースシートへの最後のステップを踏む機会が訪れたときに備えてリザーブ ドライバーとしてチームに組み込まれている。

オスカー・ピアストリが、成長の機会とサポートを与えてくれたことをアルピーヌに感謝していることは明らかだ。

しかし、アルピーヌはF2とF3への道のり、さらにF1マシンでの走行に貢献した一方で、F3とF2でのキャンペーンを成功させるために必要な財政的支援の大部分は、家族とスポンサーからのものであったと考えられている。

「アルピーヌで過ごした時間は本当に楽しかった」とオスカー・ピアストリは語った。

「僕は2019 年にフォーミュラ・ルノー チャンピオンシップを獲得した後、チャンピオンシップ獲得の賞品の一部としてアカデミーに参加し、さらに2つのチャンピオンシップでアカデミーの一員として信じられないほど成功した2年間を過ごした。私はエンストンのすべてのチームに敬意を払っている」

「今年はシートがない代わりに、今年アルピーヌと一緒に思いついたのは良いテストプログラムだった。アルピーヌが今年行ったテストに非常に感謝しているけど、マクラーレンは別のチームであり、別の車であり、2022年の車は一般的にまったく異なビーストだ。だから、それがどれだけ引き継がれるかを見ていくつもりだ」

「素晴らしい思い出と共にエンストンで過ごした時間を振り返るはするだろうけど、今は自分の将来に集中し、F1 キャリアをスタートさせている」

アルピーヌを去った理由
アルピーヌはフェルナンド・アロンソに新たな契約を提示しており、それは2年目のオプション付きで1年契約だったと考えられている。2回のF1ワールドチャンピオンであるアロンソがオファーを受け取っていたら、2023年、あるいは2024年でさえ、オスカー・ピアストリがアルピーヌを運転しないことを意味していただろう。それは、F1のシートがなければ3年間続くことになる。

そこで、オスカー・ピアストリは別の場所を探し始めた。彼と彼の経営陣の見解では、彼らは2023年にアルピーヌでレースをする契約は結んでおらず、そのシーズンのグリッドにシートを確保するために他の場所を探す必要があった。

「CRBの裁定は、僕が2023年シーズンの契約をアルピーヌと結んでいないことを確認した」とオスカー・ピアストリは語った。

「自分の運命を自由に選ぶことができたし、マクラーレンは絶好のチャンスだと感じた。彼らはとても率直で、僕を受け入れてくれることに非常に熱心だった。正直に言うと、アルピーヌのチームでの僕の将来についてははっきりしていなかった」

「彼らは公にフェルナンドと少なくともあと1~2年は一緒にいたいと言っていた。僕はそれを尊重する。でも、1年を過ごした後、僕の希望はアルピーヌのシートと明確さの欠如に固く縛られていた。フェルナンドと同様に、交渉で少し奇妙な感じがあり、残留することが自分にとって正しい決断だとは感じなかった」

「自分の将来についての明確性の欠如、そして、最終的には信頼の崩壊だった。マクラーレンからの非常に魅力的なオファーと、これまでの彼らとの積極的な取引はすべて、マクラーレンが僕にとって将来に最適な場所であると感じた理由だ」

シミュレーターのストーリーとあのツイート
アルピーヌは、フェルナンド・アロンソが2023年にアストンマーティンに移籍することを彼らに告げたとき驚いたが、オシカー・ピアストリが彼らのために運転することを発表するために迅速に動いた.しかし、興味深いことに、プレスリリースにはピアストリからの引用が含まれていなかった...

その後、その発表の前に、オスカー・ピアストリと彼のマネジメントは、過去に2回、アルピーヌに2023年は運転しないことを伝えていたことが明らかになった。

「僕の決定は、(アロンソの退団の)かなり前に下されたものであり、アルピーヌの発表は、チームに継続しないと伝えていたため、おそらくさらに混乱し、動揺させた」とオスカー・ピアストリは語った。

「この発表は虚偽であり、エンストンの全員に適切に別れを告げる機会も与えられなかったので、非常に腹立たしいものだった」

「僕はチームと2年半以上一緒にいたけど、チームの他のメンバーは、僕がそのように去ることを知って非常に動揺していた。さよならを言う機会はまだないけど、エンストンのすべての男性と女性に感謝の気持ちを表したいと思っている」

アルピーヌF1チームのボスであるオトマー・サフナウアーは以前、シミュレーターにいる間にオスカー・ピアストリと話をし、発表が行われていることを伝えたと語った。彼は、ピアストリが「微笑んで、感謝していた」と語っている。

会話の記憶を思い出すように求められたオスカー・ピアストリは「それは奇妙で、率直に言って動揺するエピソードだった」と語った」

「状況に気づいていないチームの一部のメンバーの前で公に行われたので、僕は彼らの前で騒ぎを引き起こしたくなかった。僕たちがプライベートになった後、私はオトマーに僕たちの立場とそれまでに何度も言われたことを話した。その発表をすることは、僕にとって非常に驚くべきことだった」

リリース後まもなく、オスカー・ピアストリ は Twitter で反応した。

『僕の同意なしに、アルピーヌF1が今日の午後遅くに、僕が来年彼らのために運転するというプレスリリースを出したことを理解している。これは間違っており、僕は2023年のアルピーヌとの契約にサインしていません。来年はアルピーヌでドライブすることない』

それはオスカー・ピアストリの立場の明確な声明だった。

オスカー・ピアストリは、リリースが「虚偽だった」ため、対応しなければならないと感じたと説明した.

「それは僕のキャリア、そしておそらくこれまでの僕の人生の中で最大の瞬間だった。 虚偽の発表をさせたのは僕のマネジメントであり、訂正しなければならないと感じていた。また、発表を否定しなかった場合、潜在的な法的影響もあった。 指摘すること、または事実以上のものを意図したものではなかった。 最後の行は非常に強力なものだったけど、CRB の判決により、それが純粋に事実であったことが示されている」

マクラーレンプロジェクトの魅力
金曜日、F1オランダGPの2回目のプラクティスに先立って、CRBは彼らの決定を明らかにし、その後、マクラーレンは、2023年から始まる複数年契約でオスカー・ピアストリがチームに加わることを発表することができた。

オスカー・ピアストリ、マクラーレンでの4シーズン目となるランド・ノリスと並んでレースを行い、F1グリッドで最も若いが最もエキサイティングなラインナップの1つとなる。

今年はより挑戦的なシーズンであり、マクラーレンはコンストラクターズ チャンピオンシップで 5 位につけ、アルピーヌを破って2年連続で4位を維持するという困難な戦いに直面している。

しかし、シーズンの終わりまでに完成する予定の新しい風洞を含め、チームがインフラストラクチャに多額の投資を行っているため、マクラーレンは持続的な成功に向けて構成要素を積み上げ続けている。

「僕を迎えたいという彼らの熱意はとても魅力的だった」とオスカー・ピアストリは語った。

「ザク(ブラウン)とアンドレアス(ザイドル)は非常に率直で、的を射ていた」

「マクラーレンには競争力のある車がある。もちろん、アルピーヌとマクラーレンは今接戦だけど、彼らは非常に多くの勝利の歴史を持つ競争力のあるチームであり、環境は僕にぴったりだと思う」

「チームには素晴らしい計画があり、将来はエキサイティングだ。また、ランドと一緒に仕事をしたり、運転したりすることを楽しみにしている。挑戦になることはわかっているけど、マクラーレンは僕がF1で人生を始めるのに適した場所だと感じている。始めることにとても興奮している」

同じオーストラリア出身であるダニエル・リカルドの後任
マクラーレンに加わることで、ピアストリは、過去 10 年間でF1 の人気者になったもう一人のオーストラリア人であるダニエル・リカルドに取って代わる。マクラーレンとの契約を1年残して彼が去ったとき、ファンの間で失望があり、その不満をピアストリに向けた人もいた。21歳の彼に公平を期すために、それは彼のせいではなかった。ピアストリは空いていた席に座るだけだ。

「同じオーストラリア人として、グリッド上のすべての人々の中で、僕が代わりを務めるのがダニエルだというのは残念だ」とオスカー・ピアストリは語った。

「ダニエルは、僕が事実上レースを始めて以来、10年以上ファンとして見てきた人物だ。僕はダニエルをとても尊敬している。スポーツでの彼の業績、彼のレースでの勝利と表彰台だけでなく、彼がスポーツにもたらした彼のパーソナルティも、彼はスポーツにとって素晴らしい人物だと思う」

「彼の将来がどうなるにせよ、彼の幸運を祈っている。そうは言っても、交代するドライバーを選択することはできない。その席の前のドライバーはダニエルだったけど、チャンスを逃すことはできない。マクラーレンは僕を乗せることに非常に熱心で、断るにはあまりにも良い機会だった」

ニュースが発表されると、マクラーレンの焦点はシーズンの最後の8レースに移り、並行して、ピアストリを加入させるための準備が整えていく。現状では、ピアストリはシーズンが終了するまでアルピーヌと契約しており、新しい暦年が始まるまでチームに参加することはできない。

一方、オスカー・ピアストリは、彼がすでに行っていたことを引き続き行うことができる。2023年のF1デビューに向けて、可能な限り最善の方法で自分自身を準備するためにすべてを投入する。彼がこの調子で走り続ければ、間違いなく注目の選手になるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / オスカー・ピアストリ / マクラーレン / アルピーヌ